FC2ブログ

H25.11.2~3 宮川第三発電所から日出ヶ岳へ 2日目

11月3日 今日は日出ヶ岳へ そして14時30分の大台ケ原駐車場発のバスに乗る予定です。天気は午前中はもつようです。七ツ釜滝へもよりたかったのですが天気が崩れる予定 そしてバスの時間があるので七ツ釜へよらずに出発です。 6時40分 桃の木山の家出発
小屋のお姉さんに集合写真を撮ってもらいます。今日の行き先を日出ヶ岳までと言うと「距離が長いですね」と言われます。ここ桃の木山の家が標高460mほど 日出ヶ岳は1695mで1200mほど登ることになります。日出ヶ岳まで12km少々 気を引き締めて歩こうと思いました。橋をわたり少し戻ると林道コースへの歩道の分岐があります。そこから急な登りです。


日出ヶ岳まで12.2km 6時間 
DSC00294_convert_20131111161102.jpg

歩道と呼ばれる登山道は急斜の登りです。林道まで標高600m登ります。木々がうっそうと茂っていて天気も曇っている為もあり薄暗い雰囲気ですが 時々黄色に紅葉している木々がありそこは陽がさした様に明るく感じます。1番手に隊長さん そしてじんじんが登っていきます。そのペースにあわせられませんが自分のペースで立ち止まらないよう歩きます。気温はそれほど高くないのですが この登りで汗がポタリ ポタリと落ちてきます。休憩ごとにタオルで汗をぬぐい水分補給です。
昨年 この時期に桃の木山の家に泊まり夕食を食べてふと窓の外を見るとライトが暗い中光っていました。登山者だったのですがその人は大台ケ原から下ってきたそうですがヘッドデンをつけながらここを下ってきたんだなと思うと不安だっただろうなと思いました。
DSC00296_convert_20131111162449.jpg

登りはじめて2時間弱で小屋の物資運搬用のケーブルがあります。
DSC00302_convert_20131111161922.jpg

8時28分 林道へ 
DSC00304_convert_20131111162948.jpg

この林道 小屋の方 作業の方以外は歩いてここまでたどり着いた人だけが歩ける道だと思うとちょっとこれから進む粟谷小屋方面と反対方面にも少し歩いてみました。山肌を見ると紅葉が色づいています。陽がもう少し当たるともっときれいに見えるのかも知れませんが満足です。
展望の開けたところで眺めます。林道が目の前の向かい側まで続いています。そして日出ヶ岳も見えました。聞くには聞いていましたが長い林道歩きだ!と覚悟を決めました。でもこの林道歩き 紅葉を楽しみ渓谷を眺め歩きました。
DSC00308_convert_20131111170356.jpg

DSC00310_convert_20131111172211.jpg

uttyさんが「迂回路としての林道歩きはつまらないけどここの林道は歩きは初めていいと思った」と言っていました。

廃屋 以前は何をしていたのでしょう。
DSC00322_convert_20131111173426.jpg

堂倉滝の源流の堂倉谷
この林道を歩かないとこの谷は見られません。
DSC00323_convert_20131111174323.jpg

9時40分 堂倉谷橋
ここから堂倉避難小屋まで2.3km

ここで水を補給
DSC00329_convert_20131111175009.jpg

DSC00326_convert_20131111192849.jpg

10時30分 堂倉坂
ここが桃の木山の家からの本来のコースから出る地点です。堂倉滝から登ってくるとこの道に出ます。堂倉滝からこの林道まで標高はどれくらいなのでしょう?いつか本来のコースを歩けるのが楽しみです。
DSC00343_convert_20131111175942.jpg

この階段を登ると粟谷避難小屋へそして日出ヶ岳へと向かいますが 粟谷小屋によってみます。
DSC00346_convert_20131111181434.jpg

10時35分 粟谷小屋
ちょっと玄関から覗いて見ましたがここもきれいな小屋です。小屋の方と挨拶を交わします。
ここで休憩し粟谷避難小屋により日出ヶ岳へ登ります。
DSC00350_convert_20131111181823.jpg

粟谷避難小屋
外には木のベンチがあったりたき火のあとがあったり水場も近いのでいい小屋だと思います。
DSC00355_convert_20131109222006.jpg

中はきれいです。
DSC00353_convert_20131109221544.jpg

ここからは気持ちいいなだらかな樹林帯 しかししばらく行くと急登となります。
石楠花坂
石楠花の階段 蕾のつきがよいような気がします。来年は石楠花はいいかも・・・。
DSC00360_convert_20131109222706.jpg

岩尾根を通過します。
DSC00363_convert_20131111182942.jpg

平坦な石楠花平を通ります。
DSC00370_convert_20131111183515.jpg


大台ケ原の雰囲気になってきました。
DSC00372_convert_20131109221024.jpg

最後にこの階段を登りきったら 日出ヶ岳です。
DSC00376_convert_20131109220552.jpg

13時5分 日出ヶ岳へ
DSC00377_convert_20131109215625.jpg

頂上に着く頃には あたりはガスガス。でも日出ヶ岳につく直前はうれしさがこみ上げてきました。三重県から 大杉谷から三重県の最高峰の大台ガ原、日出ヶ岳に登れました。
頂上には 今まで歩いてきたコースとはうって変わりこんな天候なのにたくさんの登山者がいました。10分ほど休憩して大台ケ原駐車場へ。 隊長さん じんじんさん uttyさんはあっという間に見えなくなって駐車場へ向かいました。私達が駐車場へ着いた頃には 3人ともビールを飲んでいました。私達もビールを飲みました。駐車場もガスガス すこし体が冷えました。

14時30分発 奈良交通の近鉄上市駅行きへ
DSC00380_convert_20131109215013.jpg

近鉄を3回乗り継ぎ20時には自宅へ

昨年 桃の木山の家に泊まった時 次回来る時は 七ツ釜滝から堂倉滝まで開通したら日出ヶ岳まで歩こうと思っていましたが 今回 林道をはさんで歩きましたがここも歩けよかったです。大杉谷のもっと上流の堂倉谷の渓谷を林道からですが見れるし紅葉も交えながら素敵な林道歩きもできました。日出ヶ岳についたときは感慨深いものがありました。今回 この山行計画をたててもらった隊長さん そして参加されたじんじんさん uttyさん山行レポートはよく読ませてもらっていますが久しぶりにあえました。Kさん Wさんとも楽しく過ごせてよかったです。皆さん ありがとうございました。



           

スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 21:10 |  山登り(台高) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター