FC2ブログ

H25.12.26~27 高見石小屋へ ~2013年登り納め~

 年末 連休がついていたのでどこか雪山へ行ってみたかったのでM師匠に相談しました。高見石小屋は 以前他の人のレポートにここに泊まった時の山行が楽しく書かれていて一度 行ってみたいなと思っていました。小屋までのCTも長くないし・・・と言う事で高見石小屋に決定!しかし26日 27日は天候もあまりいい事ないようです。天気がよさそうなら前日 自宅を出発し26日は天狗岳に寄って高見石小屋へと思っていたのですが 天気があまりいいことないので自宅を朝 出発する事にしました。

12月26日 渋の湯ー賽の河原ー高見石小屋ー白駒池ー高見石小屋
12月27日 高見石小屋ー中山峠ー黒百合ヒュッテー渋の湯

I師匠 M師匠 N師匠 私
12月26日
M師匠の自宅に6時に集合だったのですが なかなかN師匠が到着しません。6時過ぎに電話すると「集合時間 6時とちごたっけ・・・?」ととぼけた声が・・・。「今 もう6時過ぎてます」と言う事で出発予定時間を40分ほど過ぎて出かけました。11時30分頃 渋の湯に着きました。駐車場には、4,5台泊まっていました。バスが茅野駅から今 到着したばかりなのか渋の湯の玄関付近に何人かの登山者がいました。

11時50分 駐車場出発
PC260335_convert_20131230102508.jpg

渋の湯登山口から入り黒百合ヒュッテと高見石小屋への分岐を左に歩きます。はじめは樹林帯を歩きます。諏訪市内では雪もそれほど積もっていなかったのですが登山口からは雪が積もっていて久しぶりに雪の感触に浸って歩きます。先行者もいるようでトレースもあります。1時間ほど歩くと少しづつ森林限界になり見下ろすと茅野の街が見渡せます。このコースは、H14年 夏に歩いています。そのときは 黒百合ヒュッテから登り下りに使いました。H17年の冬にも天狗岳に登りました。八ヶ岳にはいろんな山がありますが初めて八ヶ岳の山に登ってのが天狗岳でした。

PC260336_convert_20131230104917.jpg

賽の河原
空はどんより曇っていますが風はきつい事はありません。
PC260339_convert_20131230105221.jpg

PC260344_convert_20131230105632.jpg

茅野の街
PC260345_convert_20131230105852.jpg

賽の河原を登りきると樹林帯に入り平坦な道を歩き高見石小屋へ
14時15分 高見石小屋

時間があるので白駒池へ行きます。小屋の左へずんずん下っていきます。30分ほどで白駒池へ。湖面にうっすら道がついていてM師匠はずんずん歩いて行きます。私も後に続きますがN師匠は「あんまりいくと危ないぞ!他の人が写真を撮るのに踏み荒らしたらあかん」など叫んでいます。
PC260355_convert_20131230111832.jpg

湖面の積もった雪を掘るとシャーベット状になっていてその下は氷が張っています。
PC260351_convert_20131230111537.jpg

15時10分 高見石小屋へ戻ります。ここから150mほど高度を上げます。

15時50分 小屋へ
今日の宿泊者は 10人 2人の管理人さんでお世話していただきます。
PC260359_convert_20131230112451.jpg

1階はストーブがあります。たくさんつってあるランプが印象的です。
PC270367_convert_20131230112725.jpg
 
2階はコタツとストーブがありますががらんとしていて少し寒いです。と言いつつ4人でコタツに入り夕食までまずは缶ビールで乾杯!つまみを食べ持ってきた梅酒など飲んでいると夕食時間となりました。
PC260361_convert_20131230113315.jpg

夕食を食べ他の宿泊者の方は1階で見えるので2階のコタツの中で寝そべっていました。私達4人は 消灯時間より早くに寝てしまいました。

12月27日
朝 おきて外に出ると雪が昨日より積もっていました。でも天気予報どおり薄暗く曇っています。風はあまり吹いていません。昨夜はそれほどふっているとは思わなかったのですが・・・。
朝食を頂き7時15分に小屋を出発 M師匠は 天狗岳に登る気満々ですがI師匠 N師匠はそれほどでもないようです。私もそれほどテンションが挙がらなかったけどM師匠の手前 中山峠まで行って考えようという事になりました。
中山峠への道は昨日 積もった雪がありトレースもありませんがM師匠が先頭を歩いてくれました。
PC270372_convert_20131230120710.jpg

9時13分 中山展望台
CTだと1時間10分 しかし2時間かかってしまいました。私は先行の踏んだ道を歩いていくだけですがM師匠がやはりとレースのついていない道を歩くのは股関節がえらいと言っていました。今日はこんな天気だけど幸いな事に風がないのでまだありがたいです。
PC270378_convert_20131230121219.jpg

ガスっていたのに少しガスが晴れました。
PC270384_convert_20131230121923.jpg

9時30分 中山山頂
ここからは昨日 高見石小屋に宿泊していた単独男性に追いつかれその方が先頭を歩いて行きました。
中山山頂より中山峠へ下します。
PC270392_convert_20131230123649.jpg

ガスが一時はれますが天狗岳方面は雲がかかっています。
PC270394_convert_20131230124252.jpg

10時10分 中山峠
天狗岳へのトレースがありますがやはり天狗岳には雲がかかっています。今はこんな天気でも頂上へつく頃はわからないと言うM師匠 景色が見えないようなら天狗岳は登らなくて言いと言うI師匠とN師匠、M師匠は天狗まで往復で2時間と言うけどそんなに早く歩けるかなともう私、今日は下山してから以前 山の会に所属していて今は八ヶ岳の麓に家を建て住んでいる女性Kさん宅に昨日 急に連絡しお邪魔する事になってます。そういうこともあり天狗岳には今回はよらない事になりました。先行していた高見石小屋からきた単独男性も中山峠で立ち止まり天狗岳に行こうかどうしようか迷っている様子。男性は今日は黒百合ヒュッテにとまり明日 天候がよければ天狗岳に登るとの事でした。

10時35分 黒百合ヒュッテ
ここでパンを食べ腹ごしらえです。
PC270398_convert_20131230125916.jpg

渋の湯までの登山道 久しぶりに歩きます。8年ぶりくらいでしょうか?私は下りで雪がクッションとなり膝のためにもよかったのですが 案外 急な登りだなと思いました。下り始めはなかったトレースも下から登ってくる方とすれちがい
トレースに乗り歩きます。

12時25分 渋の湯
PC270404_convert_20131230130602.jpg

それから「もみの湯」でお風呂に入りKさん宅にお邪魔しました。久しぶりにお話もできました。Kさんが家から晴れているとか八ヶ岳 甲斐駒 鳳凰三山 富士山が見えるよと話してくれました。Kさん宅を出る時に天狗岳から編笠山まで見えました。
PC270405_convert_20131230131221.jpg

天狗岳には登れませんでしたが雪山を歩き楽しんできました。冬用のウェアを買ったのですが着心地もよかったです。
2013年 登り納めでした。来年も安全で山を楽しみたいと思います。
よいお年を・・・。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 13:17 |  山登り(八ヶ岳) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

あけましておめでとうございます

今年も適当に相手してやってくださいませ よろしくお願いします

高見石の裏の岩の上からの展望はダメだったのかな

『にゅう』のバッチは有りましたか?

僕も冬服というか アンダーを新調しました
メリノウールのハイネック

暖かいし 汗冷えが全くありません 使用していないのでしたらお薦めですよ

今年こそ つくだにちゃんとご一緒出来るのを夢見ておりますよ

越年甲武信小屋は楽しめましたよ
初日の出&富士山もバッチシでした
by 岐阜ぺんぎん 2014/01/06 13:08  URL [ 編集 ]

Re: 岐阜ぺんぎんさん

岐阜ぺんぎんさん

年越しは甲武信小屋で初日&富士山を見られたとのことで
うらやましいです。

白駒池で楽しんだので高見石の裏の岩へは登りませんでした。
両日 天気はよくなかったので展望はなかったとは思いますが・・・。

「にゅう」のバッチは高見石小屋にあったように思いますが
私は買いませんでした。以前登った 天狗岳と高見石小屋のバッチを
買いました。また きたいのでそのときは にゅうにもよりたいです。

メリノウールのハイネック いいですね。購入してみようかな。

今年もよろしくお願いします。
山でバッタリを楽しみにしています。


by つくだに 2014/01/07 18:20  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター