FC2ブログ

H26.1.5 座佐の高  ~今年の初登り~ 

初登り どこにしようと迷っていました。天気がいいとの事なので サクッと雪を踏みたいなとは思っていたのですが渋滞には巻き込まれたくないし・・・と思って選んだのは 隊長さんが12月に歩いた南伊勢町の「座佐の高」です。姫越
山の東にあり標高429mですがアップダウンがあり歩き応えのあるコースとの事です。海と山の両方を楽しんで歩いてきました。


新桑駐車場(9:40)~展望~座佐浜分岐~座佐の高(11:10)~芦浜分岐(11:16)~座佐浜(13:35)~座佐の高分岐(14:42)~たまご浜(15:04)~新桑駐車場(16:00)


N師匠 私 
今回 参考にさせてもらったのは隊長さんと山タマゴさんのレポートです。  さんのレポートも写真が盛りたくさんで詳しく書かれています。紀勢自動車道の「大内山IC」でおり古和浦方面へ向かい登山口の近くの「ロッジ新桑(さらくわ)」をめざします。「ロッジ新桑」手前に駐車場(車のおくスペース)がありました。1台鈴鹿ナンバーの車がとまっていましたが 山を歩かれているのかどうかは不明です。この日は 誰とも山行中には会いませんでした。
DSC00540_convert_20140108093420.jpg

案内図があって下のほうに「ロッジ新桑」で地図がいただけるとの事で よってみました。「南伊勢 山歩きガイドマップ」と印刷されたGPSの立体周回図をいただきました。
DSC00539_convert_20140108093949.jpg

「ロッジ新桑」と水産加工場のような建物の間の道を堤防に向かいあるきます。つきあたりでテクテク会の目立つオレンジの標識のとおり右へ進み 排水管のところで渡渉。渡った右岸にはオレンジの「座佐浜」の標識がありました。はじめはそこからテープにそって左へ歩き始めたのですが山タマゴさんは右へ歩いている事に気づきもどります。そこから上流方面へ川岸を進み「座佐の高」の標識あるのところからテープにそって登っていきます。登り始めは急登です。
DSC00545_convert_20140108191205.jpg

登りはじめて尾根に出るとウバメカシ アセビ等の雑木林のトンネルの中を歩きます。ウメバカシは備長炭の原料になる木です。
DSC00546_convert_20140108192931.jpg

山頂より500mあたりに座佐浜への分岐の看板が出ました。

展望が開けたところの木に「座佐の高ピーク」とテープが巻いてあったのでここが「座佐の高」だと思い込んで景色を眺めていました。ここらあたりは 高い山がないので標高429mといっても眺めがいいです。海岸線にそびえているので海の青さとリアス式海岸 漁港等の集落がすぐ近くに眺められます。
DSC00552_convert_20140108193911.jpg

11時15分
ピークより少し先にすすむとここが「座佐の高」らしい。
DSC00556_convert_20140108195210.jpg

先に進むとY字に道が分かれていました。右に行くと芦浜へ 私達は左に進みました。ここからは急下り 登り 急下りの繰り返し。今日は 腕時計をしてくるのを忘れたので高度がわからない。429m登っただけだからそれほど高度的には登ったり下ったりしていないかもしれないけれど低い山独特の急斜があります。

進行方向の左の海岸線に座佐池 あそこに降りるんだと安易に考えていました。右手には芦浜池が見えます。
DSC00561_convert_20140108200609.jpg

まっすぐ進むと海岸線の絶壁沿いに登ったり下ったりしながら進みます。場所によっては絶壁側に滑ると海へまっさかさまとなり注意しながら歩きます。
DSC00568_convert_20140108202158.jpg

しかし海はすんできれいです。
DSC00569_convert_20140108202446.jpg

この海岸線沿いの尾根を歩いてきました。
DSC00571_convert_20140108201608.jpg

まだ先の岬へ歩かないといけないのかとおもっていたら岬へは行き止りです。左の木に赤・黄色のテープが目立つように巻かれていてそこが座佐浜へ降りる目印です。
浜に出て少しホッ! 黄には赤と黒のチェックの布が巻いてありました。丁度 降り立ったところの池が「南池」それから海岸を歩くと「北池」があります。
DSC00574_convert_20140108203538.jpg

砂浜は足に優しくてはじめは心地よかったのですがしばらくすると砂地も足が疲れるなと感じました。
DSC00578_convert_20140108204316.jpg

北池の向こうの中央の山は座佐の高です。
DSC00581_convert_20140108205034.jpg

浜の北端の枝の薄い赤色のプラスチックボトルから再び山へ入ります。すぐにオレンジ色の標識がありそこにはタマゴ浜経由新桑 2.1kmとかかれています。これから登りタマゴ浜へ下りまた登り下ると新桑へでます。他の方のレポートを見ると座佐浜から210m標高を上げるそうです。ここも赤のテープがあるのでわかりやすいです。
DSC00582_convert_20140108205814.jpg

タマゴ浜に下りたときこのような物がありました。何をするものでしょう。
DSC00587_convert_20140108210906.jpg

タマゴ浜には海苔養殖がされています。廃棄されたスクリューの西にオレンジの「新桑1.1km」の標識があります。
DSC00590_convert_20140108211538.jpg

ここからのテープはあったのですが探しながら歩くと言う具合でした。尾根に出ると尾根には木にテープは巻いてあったもののここからのテープを見つけることができませんでした。しかし高度は低いしもう少しで河口に出そうだったので植林地を下る事にしました。下ると海苔養殖をしている浜に出てそこから少し歩くと朝 入った登山口の河口の下流に出ました。堤防をあがると「ロッジさらくわ」にでました。

のぼったり下ったり展望も変化にとんだコースでした。山タマゴさんによると今日 計710mの登りだそうです。

山タマゴさんのレポートはこちら

隊長さんのレポートはこちら
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 21:45 |  山登り(尾鷲・熊野) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター