FC2ブログ

H26.3.24 油日岳~那須ヶ原山

昨年 高畑山から坂下峠を歩いたので今回はその先を歩きたかった。他の方のレポートを見て坂下峠から歩くか 油日岳から歩くか考えた。単独なのでどこへ車をおくか 駐車地まで道戻るか等考えた。結局 油日岳から登り坂下峠から大原貯水池へ下る計画をたてました。


駐車地ー油日岳登山口ー油日岳ー那須ヶ原山ー坂下峠ー大原貯水池ー131号線ー駐車地

単独


131号線より油日岳登山道の標識を左に曲がり登山口へ車を進めます。私は、坂下峠から下山したらタクシーを利用し油日岳登山口に戻ろうかと思っていたのですが春分の日も過ぎ日も長くなっているため下山する時刻によっては歩こうかなと思っていました。それなら登山口まで戻ってくるより 131号線に車をとめてそこから歩こうと思い再び131号線に戻ります。そこに車をとめそこから歩き出発です。

9時13分 出発
P3240548_convert_20140325132746.jpg

登山口へ向かい歩いていると 軽トラ ミニバンが追い越していきました「乗せてって・・・」と思いました。登山口へ向かい歩き始め10分ほど立つと分岐に到着。 右へ行くと油日駅へ45分 左へ行くと登山口へ 油日岳まで1時間40分と書かれているので登山口までは1時間5分です。出発の時間も遅かったのでなんとなく心配ですが 新穂高から小池新道にたどり着くまで2時間あまり 伊那川ダムから空木岳に登った時の林道歩きも長かったなと思うと短いです。

10時3分 登山口 
P3240552_convert_20140325133234.jpg

登山口に着くと追い越していった軽トラがとまっていました。
ここからどう行くのか?対岸に赤いテープが・・・・。そちらに向かうも道が不明慮。登山口の道をまっすぐ突き当たると登山道を見つけました。

登山道に入り林道を見下ろしました。
P3240554_convert_20140325133840.jpg

まず沢の右岸を歩いて行きます。植林地の中を歩きますが単調な九十九折れの登山道ではなくちょっと変化ある登山道です。尾根道に出て5分ほど歩くと油日岳です。

10時52分 油日岳
P3240561_convert_20140325134155.jpg

P3240562_convert_20140325134425.jpg

少しここで休憩し那須ヶ原山へ向かい歩きます。今日は、暖かく晴天。今日は平日 月曜日。この時期 鈴鹿の北部の山だと春の花散策で登山者でにぎわっていると思うけど最近の私の心境だとこうやっていい天気に静かな山を歩いているのがあっています。4月になったら花を見に行こう。

11時10分 加茂岳
この縦走路は、主要縦走路以外に尾根道が分かれていますが 標識が多く地図を持って自分はどこに行くのかはっきりわかっていれば迷う事はないと思います。

案外 木が茂っていてこれから歩く山々や歩いてきた縦走路を見渡す事ができないのが残念。
と思っていたら展望が開けました。左の山が那須ヶ原山?かな。これから空く縦走路
P3240567_convert_20140325134807.jpg

ここには「山と高原地図」には載っていない山名がありもっとこのあたりの詳しい地図を見て見たい気がします。

こういう尾根道を歩いていると昨年 歩いた三峰山~栗の木岳を思い出します。また登るの 下るのと思っていてもここらあたりの標高だと思ったり登りきったり鞍部へ下ったりするのがあっという間だったりします。アルプスの山々だとそうはいきません。ロープが備え付けてあったりして那須ヶ原山までのアップダウンはそう苦痛になりませんでした。



11時31分 望油岳

11時39分 三国岳
P3240575_convert_20140325135143.jpg

少しづつ那須ヶ原山に近づいています。

13時15分 那須ヶ原山
P3240582_convert_20140325135422.jpg

分岐で昼食を食べます。今日もカップめん。このカップめんは職場の人がトストコ(私はまだ行った事はないけれど いってみるとあっという間に買い物をしてしまうらしいです)で何個か買ったものだそうですが胸焼けがするそうで3個もらいました。私は 全然平気です。山で食べると何でもおいしい。体に悪いとされている塩辛いものでもおいしいと感じます。片付けていると突然 悲しいメールを受け取りました。しばらく腰が上がらず動けなかった。それでも下山しないと・・・ゆっくり出発しました。

14時14分 三頭山
突然のメールを受け取り ゆっくりただ歩きました。坂下峠までのアップダウンがまだあるのかな・・・と少し答えてきました。

14時33分 唐木岳
P3240590_convert_20140325141204.jpg


前の山は溝干山からの斜面 この鞍部が坂下峠です
P3240596_convert_20140325140829.jpg


15時9分 坂下峠
ここから 大原貯水池までの道が不安。前回 大畑山から坂下峠に降りてきたときは三重県側へ(右へ)降りました。今回は滋賀県側へ降りるので左へ向かいます。先に進むと林道がありそこを歩きましたが道が崩壊しています。崩壊した先に道があるのか不安だったけど先に進むと道がありそこを進みました。
P3240601_convert_20140325140000.jpg

当たり前ですが林道では誰にも会わず しかしキャンプ場への標識手前の林道でこちらに向かっている2人と出会いました。挨拶は交わしたけど今からどこへ行くんだろう?
131号線に出たのが16時過ぎ 車を置いた地点まで歩きます。どれくらいかかるのかな?この道であっているのかな?以前 孫太尾根の登山口に車を置いたものの藤原岳から大貝戸に降りてきてそこから戻るのに迷った事があるので少々不安 しかし131号線を歩いていれば大丈夫でしょう。車道を歩いていると油日岳から那須ヶ原山?か山容を眺めながら歩きました。
P3240602_convert_20140325135734.jpg

17時30分カーブを曲がると車を発見。もし今から油日岳登山口まで歩くと思ったらやはりここに車を置いておいてよかった。初め苦をとり後で楽をとる。心配していた花粉症も この山は植林地と言っても杉林だけでなくヒノキ林が多いのか そしてこの山は雑木林の山だからか・・・。鼻水はただれてきたりもしたけれど時々おさまっていったりしてマスク着用する事もなく歩けました。次は 安楽越から鈴鹿トンネル間をあるいてみたいなとおもいます。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 14:14 |  山登り(鈴鹿) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

結構ロングコースでしたね。僕も以前油日登山口~鈴鹿峠に戻るのに道もわからず勘に頼って歩いたら4時間かかりました。稜線ピストンの方が早いかもと思います。
by utty 2014/03/26 23:38  URL [ 編集 ]

Re: uttyさん

uttyさん

uttyさんのレポートも行程は違いますが 参考にさせてもらいました。
uttyさんのようにたよりになる協力隊がいたらいいんですけどね。
心にひっかかっていたコースが歩けて満足です。
油日登山口から鈴鹿峠へ戻るのはすごいですね。


by つくだに 2014/03/27 15:18  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター