FC2ブログ

H26.6.24 利尻山

私の仕事は 土、日曜日が休みではありません。毎月 5日間まで休み(勤務の)希望ができます。その締切が 毎月17日、18日頃でその希望を照らし合わせて上司が勤務を組みます。先月の休み希望締切目前 私は6月の希望が何もありませんでした。「5日では 希望が足りやんわ」という同僚に「私の希望 使う?」なんて冗談を話したりしていました。そこで 2年前 みんなと利尻&礼文に行ったものの膝を悪くして利尻山に登れなかったので急遽 利尻山へ行こうと決め勤務希望締切日 前日に飛行機の予約をして計画を立てました。

6月24日 自宅ー中部国際空港ー(飛行機)ー千歳空港ー(飛行機)-稚内空港ー(バス)-稚内港ー(船)-鴛泊ー北麓野営場(テント泊)
6月25日 登山口ー利尻山ー登山口(テント泊)
6月26日 北麓野営場ー鴛泊ー(船)-稚内港ー(バス)-稚内空港ー(飛行機)-千歳空港ー(飛行機)-中部国際空港ー自宅

テント泊

単独


2年前 山の会メンバーと7人で利尻&礼文に行った時は楽しかったです。私は膝を悪くして絶対 山へ登れない状態  あらかじめ航空券は予約してあったのでキャンセルがききません。誰かいく人いないかなと思ったけど誰もおらず 他のメンバーも山へ登れなくても旅行気分で行ったら…ということで参加しました。稚内には私達飛行機組と車でフェリー組がいたので車移動ができて助かりました。この時の私の膝 曲げたり伸ばしたりするのが本当に痛くて(つまり 動くのがつらい) 車に乗るのならずーっと乗っていたい 座っているのならずーっと座っていたい状態でした。そんな中で 動くのが苦痛な事もあったけどそれにも増して楽しい旅行でした。でも やはり利尻山に登れなかったことは残念でした。2年前 行ったのもこの時期でした。行ってみよう 今度は登ってこようと思い計画を立てました。

 私がこの計画を話すと M師匠とYさんが行きたいと言ってくれました。2年前 利尻山へ登った時は 途中からガスだったようでもう一度登りたいんだそうです。師匠は参加するならフェリーを利用するので私は師匠が参加してくれるのはうれしかったのですが M師匠はお孫さんが生まれたばかりで忙しくYさんはご主人が治療する日に当たるようで結局 単独となりました。私は、今回 テント泊の予定です。2年前は 山に登らなかったけどおいしいものをたくさん食べて贅沢をしました。今回は うに丼は食べるつもりですが節約山行です。登山口にテント場があり交通機関を利用するときは自分はリュックを背負わなくていいのです。昨年は 利尻では北麓野営場に1泊テント 1泊キャビン泊だったので北麓野営場はよくわかります。トイレも炊事場もきれいでいいテント場です。しかし 1つ不安なことがありました。それは他にテント泊の方がいるかどうかです。2年前は1張だけでした。平日だし私だけっだったらすごく不安 心細いです。山行日3日前に北麓野営場の管理人の方にTELを入れるとあまり今現在はテント泊の方はいないとのこと。
管理人さんは18時~19時には帰ってしまうとのこと。管理人さん 私の山行の日は泊まってください・・・心の中でそう思いました。そのことが行く日までずーっと不安でした。
 
 当日 中部国際空港から飛行機に乗る、稚内に着く、鴛泊に着く そうやって少しづつ利尻山に近づくにつれて度胸が据わってきました。飛行機の中でも利尻山がよく見えました。フェリーからも洋上からそびえたつ利尻山を眺めることができました。北麓野営場に18時30分頃につくと既にテントは6張ほど張られていました。私がテントを張っていると4人の登山者が歩いた来ました。「利尻山に登ってきたのですか?」と聞くと「はい」とのこと。「5時に登り始めて今までかかりました」とのこと。みんなのペースにあわせて歩いてきたのでしょう。「お疲れ様」と声をかけました。1人きりのテント場でない事で私は安心!このテント場の居心地の良さでビールと酎ハイを飲みぐっと眠りました。
DSC01060_convert_20140703093717.jpg

6月25日 利尻山山行の日
 2年前にも思いましたがここは3時頃もう明るくなってきます。日が沈むのも遅い。北欧では白夜という現象がありますが北海道の北の地なので白夜とは言えなくとも早くから明るくなってくるのでしょうか。利尻山登山でお宿に宿泊された方は お宿の車で4時~5時頃にこの登山口にやってきます。私は、3時に出発・・なんて思っていたけどちょっと不安だったので様子を見ていたら3時30分にテントで泊まっていた単独男性が出発したので私も用意し4時に出発しました。

5月22日に竜ヶ岳 6月初めに地元の朝熊山を歩いて以来 山へは登っていなかったので心配もありますが テント場に私1人だったら・・・という不安に比べたらそれほど心配にはなりませんでした。時間はたっぷりありますしえらくなったら休めばべいい 自分のペースで事故さえ起こさなかったら他の方に迷惑をかけることはないのだから・・・。あっ!1つ心配な事があります。それは携帯用のトイレを持ってない事。昨日 コンビニでビールは買ったのに携帯用トイレのことを忘れて購入しなかったのです。(携帯トイレは、コンビニでも売っているそうです) 2年前に登った師匠方の中には、もよおさず携帯用トイレを使用しなかった人もいました。水分は発汗状態をみて少量づつとろう あまりトイレのことを考えずに歩く事にしよう。

4時5分 甘露水
DSC01065_convert_20140630172039.jpg
ここの水は冷たくておいしいです。少し行くと ポン山と利尻山への分岐があります。2年前はポン山へ行ってみたけどポン山へ行くのも必死でした。

4時9分 3合目 
ここは 標高270m 頂上まで5590mです。樹林帯の中を歩きます。じわっと汗はかきますがこちらのようにむせる事はありません。さらっとして不快な感じがしません。

4時36分 4合目 (野鳥の森)
もう日が昇っているのか樹林の中へ木漏れ日がきれいです。
DSC01071_convert_20140703094515.jpg

5時10分 5合目 (雷鳥の道標)
5合目あたりで水分を取っていると後ろから単独男性が登ってきました。私のテントの隣の方で私が出発するとき準備をしていました。先に行ってもらいました。

5時37分 6合目 (第1見晴台)
DSC01080_convert_20140703095444.jpg

6合目付近になると展望がひらけます。下を見るとペシ岬 港が見えます。ここからは背丈の低いハイマツの中を歩きます。ここからはハイマツ帯を眺めながら登るのかと思いきや途中 背丈の低いダケカンバにおおわれてその中を歩きます。
DSC01083_convert_20140703095954.jpg

6時 7合目 (胸突き八丁)

7時 8合目 長官山
DSC01103_convert_20140630173723.jpg
ここからやっと利尻山が見えました。かっこいい。しかし頂上に届くのはまだまだです。歩き始めて3時間。水分を少し補給しただけでそれほど休憩せず歩いてきました。最近 山を歩いていなかったし少し疲れてきましたけど9合目に向けて歩きます。利尻山の姿をまじかに見て少し気分転換できました。

7時20分 利尻岳山小屋
長官山から下って来ると小屋につきます。
DSC01120_convert_20140630174838.jpg

小屋の中
DSC01121_convert_20140630175203.jpg

7時55分 9合目
DSC01137_convert_20140704012216.jpg

そろそろエネルギーが切れてきたような気がします。朝からパン一かじりと水 北海道のさわやかな気候のおかげで低燃費で登ってこられたのだと思います。しかしまだ先がありこれからはうわさに聞いていた歩きにくい登山道です。9合目まで来た、あと少しなのに気持ちがくじけかけてしまいます。9合目にあるベンチに腰かけてゼリー2個 豆大福を1個 そして水分を補給して少し休みました。カロリーを摂取したら 頑張ろう あと少しという気持ちが起こってきました。
私が 9合目から登り始めると 登りで追い越して行った単独男性2人が降りてきました。ここからはいろんな花が咲いています。リシリハクサンイチゲも たくさん咲いていてきれいです。頂上近くなり 登ってはずるりとずり落ちてしまう足場の悪いザレ場にきました。私1人 歩いているだけなのでできるだけ歩きやすいところはどこなのかチラチラみながら登ります。階段状の整備されたところを登り北峰が見えました。

9時7分 利尻山頂上 
DSC01157_convert_20140630175750.jpg

頂上 独占 !ペシ岬 港から東方面はスッキリ展望がいいのですが 空港 ~沓形方面は南から西へ そして海上へ雲が流れています。礼文島は見えないし 南側のオタトマリ沼から利尻山は見えないんじゃあないかなと思います。登りはじめて展望が見えてからずーっとこんな感じなのです。しかし気持ちいい。思わず南峰まで行きたくなりましたがちゃんとロープが張ってあり通行止めなので北峰から展望を楽しみます。
ここの祠でここまでこれた事のお礼を そして下山も事故の内容にお参り そしてまだもろもろの事をお参りします。

南峰とローソク岩
DSC01163_convert_20140630180125.jpg

頂上付近より 長官山の向こうにペシ岬 鴛泊港が見えます。鴛泊方面の展望はいいのですが西側 南側は雲が流れています
DSC01166_convert_20140630180822.jpg

現金なもので 私は、次の目標が頭によぎります。下山したら温泉に行き うに丼を食べ生ビールを飲むこと。2年前に行った港の店にいくぞ!9合目に向かい下っていくと 次々と登山者が登ってみえました。

8合の避難小屋で男性2人が休んでいました。鳥取からみえたそうです。私が三重県から来たと話すと「御在所に行ったよ」と話していました。「ロープーウェイで・・・」と続きましたが・・・。その方が 宿でお昼のお弁当が余ったのでもってきたそうで1個お弁当をもらいました。パンはもっていましたがチョコとか餡とか少し甘めのパンだったのでお弁当をもらいありがたかったです。お礼を言って下山します。少し尿意をもよおしてきました。早く下りないと・・・。

8合目の長官山から振り返り利尻山を眺めます。ここからの利尻山はかっこいい!利尻富士と言われるだけあり登ってもいい山だけど利尻山の姿を眺めているのもいいものです。容姿端麗かっこいいです。しかしここから降りるとふもとあたりまで下りないと利尻山の姿は見れません。利尻山の姿を焼き付けておこう。

であった花

DSC01075_convert_20140703094831.jpg

DSC01077_convert_20140703095036.jpg

DSC01108_convert_20140704010638.jpg
ウコンウツギ
DSC01109_convert_20140704010918.jpg
オオバナノエンレイソウ
DSC01112_convert_20140704011236.jpg
チシマウウロ
DSC01117_convert_20140704013038.jpg
ハクサンチドリ
DSC01119_convert_20140704011438.jpg

DSC01132_convert_20140704011718.jpg
ミヤマアズマギク
DSC01140_convert_20140704012455.jpg
エゾノハクサンイチゲ
DSC01142_convert_20140704012720.jpg

DSC01154_convert_20140704013500.jpg
ゴゼンタチバナ
DSC01174_convert_20140704013940.jpg
イワギキョウ
DSC01178_convert_20140704014810.jpg
他にもたくさん花に会えました。今回 リシリヒナゲシに会えました。花までは少し距離があって私のカメラではUPで取れませんでした。花に近づいて・・・と思ったけどそこは立ち入り禁止場所 山を好きなら 花が好きなら山の規則は守らないといけません。でも見れてうれしかったです。
 
 この利尻山も利尻山がコマっていることをトリ除く目的で「利尻山コマドリプロジェクト」という事業を行っています。利尻山は今、登山道の荒廃が進み崩れやすい火山性の地層が露出した場所に登山者の集中や降雨の影響が重なり、ここ十数年で登山道が背丈以上に掘れてしまいました。そこで利尻山コマドリプロジェクトでは事業の一環として利尻山応援ピンバッジを1つ1000円で販売しています。ピンバッジの収益は登山道の補修活動や登山マナーの普及活動など、利尻山の山岳保全に活用されます。
 利尻島観光blogより
いい山行ができたのでまた来たいです。その時まで今の利尻山のままでありますように・・・。

本当は甘露水の東屋で冷たい水をのんでこのお弁当を食べたかったのですがやはりトイレに行きたかったし東屋にはカップルがお昼を食べていて甘露水でお水をのみテント場に向かいました。テント場に着くと私のテントが ひっくりかえっている・・・。大きな石がなくてかといってペグを差し込むのもめんどくさくて固定を半分の箇所しかしていなかったからです。

テント場につきトイレを済ませ木陰でお弁当を食べます。おにぎりが2個 しゃけ 小魚のつくだに 私は、これからうに丼を食べるのだから控えよう・・・と思いながらも米を食べるのは昨日の朝食でおにぎりを食べたきりなのでおいしい。ぱくぱくとおにぎりを食べてしまいます。しゃけもおいしい。 お弁当を食べて管理人室にテント代を支払いに行きます。1日500円 2日で1000円。 そしてバッチを買います。
 管理人さんに私がこれからお風呂に入って港方面にうに丼を食べに行くというと フェリーターミナルの2階のお店を紹介してくれました。温泉まで車で送っていただきその紹介してっもらった店でうに丼をいただきました。うに丼ミニ 2000円 ミニですがウニがたくさん入っていておいしいです。念願のうに丼を食しました。管理人さんが私のことをお店の人に話していてくれたのでアイスコーヒーを御馳走になりました。テント場まで登山者を迎えに行くので送ってあげるよと言ってもらったのですが ペシ岬もよりたかったし歩いてテント場まで戻りました。本当は2年前に2日続けてよった「磯焼亭」にもよりたかったのですが 私 13時30分にお弁当 15時30分にうに丼を食べおなかがいっぱい!同行者がいたら焼き魚(ホッケ)とビールなんていいなと思っていたのですが1人で食べられるか心配だったので今回はよりませんでした。

フェリーターミナルの店 うに丼
DSC01190_convert_20140704015057.jpg

ペシ岬 途中より見た利尻山
DSC01192_convert_20140704015351.jpg

ペシ岬によってからテント場へビールを飲みながら帰り管理人さんにお礼を言いました。
その日の晩のテント場は すごい風。しっかりテントを固定していなかったので自分が寝ていてもテントがよくしなっています。トイレにも行きたいけど私がこのテントから出るとテントは吹っ飛んでいきます。意を決してトイレに行き吹っ飛ぶ風が吹くまでに戻ってきました。

6月26日
夜中の強風のため朝早く目覚めて6時にはテント場を出発しました。稚内へ向かうフェリーの時間は8時30分 テント場から鴛泊フェリーターミナルまで4km 歩いて1時間ほどで行けるので余裕です。
このテント場は テン場もいいし炊事場 トイレもきれいでいいです。
DSC01203_convert_20140704015752.jpg

フェリーターミナルへ歩く途中 民家の玄関先で栽培されていたリシリヒナゲシ
DSC01214_convert_20140704063006.jpg

ペシ岬
DSC01230_convert_20140704020320.jpg

フェリーからみた洋上富士 利尻山
DSC01250_convert_20140704063327.jpg

1か月の先の天気なんてだれにもわからない。鴛泊の港に着いた時 タクシーの運転手さんが 今まで天気が悪かったのに今週から天気になってよかったと言っていました。本当に天候がよいなか利尻山に登れてよかったです。この3日間 自分にとって単独ではありましたがすごくいい山行でした。たくさん話をしてたくさん笑ってという楽しさとは違うけど すごく居心地が良くて穏やかでいられてこれもまた違った楽しさがあった山行でした。



スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 08:55 |  山登り(北海道) |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

お久しぶりです(^-^)v

今年の北海道は雨が多いのに天気に恵まれましたね

行けるかはわかりませんが参考になりますよ

行っていないのに利尻岳のバッジ有ります 白馬の尾根で拾いました(笑)
バッジの画像も載せてくださいませ
by GP 2014/07/05 16:33  URL [ 編集 ]

お疲れ様

念願の利尻岳に登れてよかったね(v^-゚)
僕が登ったのは10年以上前だけど、はっきり覚えています。
本当に良い山ですね!
8月も晴れると良いね!
by じんじん 2014/07/05 23:03  URL [ 編集 ]

Re: GPさん

GPさん

天気がよくいい山行となりました。

> 行っていないのに利尻岳のバッジ有ります 白馬の尾根で拾いました(笑)
私も拾ったバッチありますよ「光岳」です。その後 山には行きました。(笑)

利尻山のバッチ ほかの方がUPされていますのでご覧になったことがあると思いますが
「コマドリプロジェクト」のバッチもかわいいでしょう。
いつまでも 利尻山へ登れるように きれいな山でありますようにこういうことしか
できませんが協力していきたいと思います。



> 今年の北海道は雨が多いのに天気に恵まれましたね
>
> 行けるかはわかりませんが参考になりますよ
>

> バッジの画像も載せてくださいませ
by つくだに 2014/07/06 09:36  URL [ 編集 ]

Re: じんじんさん

じんじんさん

天気も良く利尻山に登れてよかったです。
2年前 師匠たちはこの山を登ってきて こんな花を見ていたんだなっと
思うと今回 同じ山に登ることができてあの時 登ったメンバーの人達に
追いついた気持ちになりました。

8月も天気がいいといいですね。よろしくお願いします。
by つくだに 2014/07/06 09:47  URL [ 編集 ]

お疲れ様でした

つくだにさんこんにちは!
ものすごく参考になります。
っていうか、利尻、ほとんど下調べっぽいことは何もしてないのですが(笑)

コースタイムとか、残雪の有無とか、うに丼情報とか、まわりで行ったことある人に聞くより100倍ためになりました。
ということで、気合い入れていきますよ!
by 長次郎 2014/07/16 11:57  URL [ 編集 ]

Re: 長次郎さん

長次郎さん

利尻 楽しんできてくださいね。

私は登るペースが遅いのでコースタイムは 参考にしないでくださいね。
長次郎さん テント泊ですか?私の利用したテント場は とてもいいテント場ですが
ビールの自動販売機はないんですよ。長次郎さん 買いだして持っていって下さいね。
これだけは 注意点として伝えておきたかったです。(笑)

うに丼もおいしかったです。テント場の管理人さんに教えていただいたフェリーターミナルの
2階の店も 店の雰囲気も良く登った利尻山を見ながら食べるうに丼は格別でした。でも
「磯焼亭」もよりたかったな。2年前 連日 食べに行ったのですがキンキンに冷えたビール
 うに丼 ホッケ 他の人は刺身定食とか注文していたけど満足げに食べていました。
楽しんできてくださいね。

by つくだに 2014/07/17 09:57  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター