スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by つくだにちゃん  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

H26.10.25 高見峠~国見山

9月に室堂~薬師岳を歩いてから 約2か月 山を歩いていませんでした。10月初め 3連休をとり朝日岳に行きたかったのですが 中日に用事ができてしまいいけませんでした。久しぶりに行くとなるどこに行こうか迷ってしまいます。まだ歩いていない高見峠から明神へのコース(台高北部縦走コース)を歩くことにしました。

高見峠ー雲ヶ瀬山ー伊勢辻山ー国見山(ピストン)

単独 166号線を高見トンネルに入る手前を左折し高見峠(登山口)に向かいます。進んでいくと先行の車に追いつきました。高見峠(登山口)の駐車場には自分とその先行者の車の2台。先行者の車には男性2名で 自分と同じ国見山方面に歩くとの事。少し安心しました。今日は天気がいいとの事なのに駐車場はこんなガスガスでした。男性2人は準備されているので先に出発します。

8時5分 高見峠出発
DSC01844_convert_20141028100838.jpg

今までここには来たことがあるのに 本居宣長の歌が刻まれれいたのにきずかなかったのか?忘れてしまっていたのか

DSC01845_convert_20141028102635.jpg

歩いていると少しづつ青空が見えだしました。しかし雑木林の隙間より振り返り高見山を眺めると中腹にガスがまとわりつきいい感じ。いま天空の城で有名な竹田城。雲海なんて山に登るとよく見る風景だけど雲海に電気も機会もない時代に昔の人が人間の力だけで立てた城があるというのが何とも言えないんだろうなと思います。振り返ってみた中腹にガスがまとわりついた高見山。幻想的で全容を見たいなと思いましたが進んでも雑木林で全姿は見えませんでした。

こんな標識があります。
DSC01849_convert_20141028131403.jpg

8時46分 雲ヶ瀬山
DSC01852_convert_20141028103748.jpg

雲ヶ瀬山からまっすぐ進み下っていくのですが私は左手の尾根の赤いテーピングに目が行ってしまい左手に進んでしまいました。途中 こんな看板があるものだから登山道なのかなと思い込んでしまい進んでしまいまいました。
DSC01854_convert_20141028105800.jpg

テープに沿ってこちらもやや下っていくと途中 しっかりテーピングがしてありそこから植林地に向かい急斜を下って太い木に赤いテープが巻いてあります。これは山の境界線と思いながらも地図を見て下っては登りやっぱりおかしいなと思いもとの道に引き返しました。雲ヶ瀬山へ戻る手前で北部台高縦走路の標識を見つけました。40分くらい時間ロスしてしまいまいました。このコースを歩いた人のレポートを見ましたが 標識もあり登山道もわかりやすいと書いてありました。私だけかな?こんな迷ってしまうのは・・・。しかし時間にも気分的にも余裕があると焦らず引き返すことができるけど余裕がないと人間って焦ってしまうんだと思います。

正しい縦走路に戻り下っていきます。帰りここを登り返すのはちょっとえらいなと思いながら下ります。国道166号線近いのか車の走る音が聞こえます。隙間より166号線も見えます。

高見山 全姿見えました。トンネルの向こうの奈良県側から見る方がマッターホルンという名にふさわしく格好はよさそうです。
DSC01860_convert_20141028110902.jpg

ススキがなびき秋らしい雰囲気です。
DSC01863_convert_20141028112243.jpg

10時39分 ハンシ山
DSC01864_convert_20141028113018.jpg

縦走路を歩いていると葉が焼けてしまっていてもう紅葉は終わった感がありました。しかし所々 紅葉も楽しめました。
DSC01866_convert_20141028131843.jpg

10時53分 地蔵谷頭

11時28分 伊勢辻山
DSC01878_convert_20141028121321.jpg

DSC01877_convert_20141028132056.jpg

右端に見える山が国見山だそうです。
DSC01882_convert_20141028121840.jpg

11時59分 赤ゾレ山
ここは日本庭園のようだと書いてありましたがそんな雰囲気のある頂上でした。ここで単独男性が写真を撮っていました。私も小休止 リンゴを食べながら休んでいると男性が「自分のカメラ (写真が)撮れているのかな」と尋ねてきました。パシャという音が出ないため撮れている感がないようですが試し撮りして確認すると撮れていたので「撮れてますよ」といいカメラを返しました。この男性 木梶山方面から登ってきたとの事 途中迷い 登山道ではない道を歩いてきたらここに着いたとの事です。木梶山にはどういったらいいのかなと聞かれたのでuttyさんが歩いた馬駈ヶ辻から行けますよと地図を見ながら話すとありがとうと言われパウンドケーキを1個もらいました。私がリンゴをどうぞというと歯が悪いので・・・と断られました。
DSC01891_convert_20141028122257.jpg

赤ゾレ山から下りると池がありました。
DSC01894_convert_20141028123658.jpg

12時27分  馬駈ヶ辻か
ここで先に歩いて行かれた赤ゾレ山で話した男性が 「ここまで来たらわかったわ」 とパウンドケーキをもう1個くれました。「お茶はある?」とか心配してくれてここで別れました。

DSC01897_convert_20141028132334.jpg

ここを登ると国見山です。
DSC01899_convert_20141028124426.jpg

12時56分 国見山
頂上に着くと高見峠であった男性2人に「あれーっ」と言われました。てっきり先についているものと思ってみえたようです。男性2人はここで高見峠に引き返すとの事 一足先に出発しました。私はここでお昼ご飯を食べ出発します。今日の昼食は おにぎり。 本当は卵焼きと牛虎コロッケ(近くのスーパーで売っていておいしいです)をおかずに持ってこようと思っていたのに慌てていて冷蔵庫に入れたままで忘れてきたのでおにぎりのみです。明神方面からも登山者が数人きました。
DSC01900_convert_20141028124732.jpg

13時10分頃 国見山出発
帰りは赤ゾレ山を巻いて歩きました。高見峠までの道は変化に富んだ登山道です。ふつう ピストンだと復路のほうが短く感じますが高見峠までの道 長く感じました。帰りは迷わない 大丈夫と思いながら歩いていましたがついつい歩きやすい道を歩いていると急に左に折れる道をまっすぐ歩いてしまっていたりして振り返り 後ろを歩いていた男性お2人が曲がっていき迷うことなく歩けました。 

16時27分 高見峠

久しぶりに山をあるきました。土曜日なのに 今日で会った登山者は10人くらい 静かな山歩きでした。やっぱり山を歩くっていいなと思いました。今度は uttyさん先日歩いてた木梶山も歩いてみたいです。
スポンサーサイト
by つくだにちゃん  at 09:59 |  山登り(台高) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

つくだにさん、こんばんは

 高見峠から国見山のピストン、2008年6月に歩きました。私は、初めに高見山に登り、降りてきてからピストンしました。静かでのんびり歩いたことを思い出しました。

 台高にしばらく行ってないので行きたくなりました。馬駈ケヶ辻あたりの巨ブナめぐりに行ってみたくなりました。
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-dc-db/kuroo6/folder/1142755/72/19411672/img_2
by クロオ 2014/11/12 22:24  URL [ 編集 ]

Re: クロオさん

クロオさん 

コメントの返事が遅くなりすみません

今日は 梶木山経由馬駈ヶ辻~明神平付近を歩いてきました。クロオさんがおつしゃるように
ブナの木を眺めながら歩いてきました。天気が良く土曜日でしたがお会いしたのは4人のグループと
単独男性の2組だけの静かな山歩きでした。


by つくだに 2014/11/22 21:34  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。