FC2ブログ

H27.8.18~20 蓮華温泉~白馬岳~朝日岳周遊 2日目

8月19日 白馬山荘ー白馬岳ー雪倉岳ー朝日小屋(テント泊)

4時10分 白馬山荘出発
外はまだ暗く曇っていますが雨は降っていません。山荘に宿泊している登山者も 日の出を見るため準備いています。今日の日の出時刻は 4時54分 

DSC03106_convert_20150825175319.jpg



5時10分 頂上出発
昨日は 三国境から山荘までガスの中を歩きました。

小蓮華岳
DSC03114_convert_20150825181457.jpg

5時50分 三国境
ここから朝日小屋まで10km
DSC03122_convert_20150825181831.jpg

ここからザレ道を下ります。ずんずん下っていくけど こちらには誰も歩いてきません。

左は鉢ヶ岳 中央が雪倉岳
鉢ヶ岳は右に巻きます。なだらかな下りだし歩きやすいです。花もさいていて楽しみながら歩けます。
DSC03123_convert_20150825182428.jpg

コマクサ
DSC03126_convert_20150825191132.jpg

マツムシソウ
DSC03129_convert_20150825191607.jpg

6時30分 鉱山道への分岐
DSC03144_convert_20150825191936.jpg

タカネシオガマ
DSC03147_convert_20150825192235.jpg

シナノキンバイ
DSC03160_convert_20150825192520.jpg

ハクサンコザクラ
DSC03161_convert_20150825192632.jpg

チングルマ
DSC03163_convert_20150825193144.jpg

バイケイソウ
DSC03164_convert_20150825193220.jpg

クルマユリ
DSC03165_convert_20150825193249.jpg

イワイチョウ
DSC03167_convert_20150825193357.jpg

ヨツバシオガマ
DSC03171_convert_20150825193431.jpg

エゾシオガマ
DSC03172_convert_20150825193458.jpg

タカネヤハズハハコ
DSC03173_convert_20150825193535.jpg

ウサギギク
DSC03174_convert_20150825193604.jpg

目の前に雪倉岳 中央に雪鞍岳非難小屋がみえました。
DSC03176_convert_20150825194820.jpg

7時40分 雪倉岳非難小屋
小屋の内部 小屋の中はきれいです。なかで休憩します。小屋の中に朝日小屋の事が書いてありました。「宿泊は必ず予約を…との事。夕食だけでも予約が必要です」との事でした。昨日 白馬山荘で明日 朝日小屋に宿泊するために電話をかけたけどつながらないとの事でした。私はテント泊だからよかったのですが 夕食はたのみたかったのです。以前から朝日小屋の食事はおいしいときいていたのですごく楽しみにしていました。アルファ米を持っているからいいのですがしかし 小屋の電話が通じないなんて小屋 休みかな?大丈夫かな?少し心配になってきました。
休憩していると単独男性がリュックを小屋において空身で雪倉岳に向かいました。私も出発です。
DSC03180_convert_20150825195307.jpg

白馬方面もガスってきました。
DSC03182_convert_20150825202612.jpg

ツリガネニンジン
DSC03186_convert_20150825203021.jpg

8時45分 雪倉岳
三国境から雪倉岳まで4kmでした。
DSC03189_convert_20150825200104.jpg
まわりはガスっていて展望はありません。でもガスっていなければ360度の展望だそうです。
20代くらいの単独女性が同じ頃着きました。この女性は関東からみえた方で 昨日 猿倉からのぼり白馬山荘で泊まり今日は朝日小屋 明後日は蓮華温泉へ 私と同じコースです。この女性 おしとやかでした。私はリュックを両足で挟んでいるのに対しこの女性は両足をそろえ斜め45度に そして私は直接 水筒に口をつけて飲んでいるのに対してコップに注ぎ飲んでいる(湯を飲んでいたからかもしれないけれど・・・) 疲れた表情もせず涼しい顔して休んでいました。
「追い越されると思いますけど・・」と話し 一足先に頂上を出発しました。

DSC03194_convert_20150825203400.jpg

ミネウスユキソウ
DSC03199_convert_20150825203631.jpg

シモツケソウ
DSC03202_convert_20150825203713.jpg


DSC03203_convert_20150825203749.jpg

ハクサンフウロ
DSC03205_convert_20150825203819.jpg

雪倉岳からはなだらかな下りが続きます。今日初めて朝日小屋方面からの登山者に会いました。60代~70代のご夫婦でスタスタ登っていきます。いくらなだらかだといっても白馬方面から朝日小屋に向かうより 朝日小屋から白馬方面に向かう方が大変そうです。すごいなと思いながら見送りました。

木道まではガスってははれ、再びガスってくるっといった具合でした。
DSC03197_convert_20150826002606.jpg

途中 休憩していると「歩くのにも飽きてきました」と雪倉岳であった女性が追い越していきました。そしてもう1組 ご夫婦に追い越されました。

10時55分 燕岩
ここを過ぎたあたりより木道があらわれます。
DSC03208_convert_20150825203854.jpg

ミヤマアケボノソウ
DSC03211_convert_20150825222829.jpg

ミズバショウ
DSC03212_convert_20150825222858.jpg

DSC03218_convert_20150826001927.jpg

11時50分 水平道との分岐
「水平道」という名前ですが 朝日小屋までアップダウンが何回かあるというのは誰ものレポートでみました。
7月の連休には 水平道はまだ通行禁止だったそうで今でも残雪が残っていました。ベンガラの跡が薄く残っていましたが何か所かの残雪を歩くことはなくそのわきを通ったりしましたが1カ所 スノーブリッジをくぐるところがありました。1番先を行くご夫婦がくぐるときはリュックが汚れるのでリュックカバーをした方がいいよと教えてもらいました。雪渓が残っているくらいだから花もたくさん咲いていました。

DSC03219_convert_20150826001021.jpg

キヌガサソウ
DSC03222_convert_20150825233644.jpg

DSC03223_convert_20150825233708.jpg

DSC03227_convert_20150825231848.jpg

ミヤマリンドウ
DSC03229_convert_20150825231745.jpg

あとどのくらいアップダウンがあるのかなと思った頃 向かい側に赤い三角のとんがり屋根が見えました。朝日小屋です。

14時5分 朝日小屋
テントの手続きをします。その時 夕食をきいてみると今日は宿泊者が少ないのでいいですよと言っていただきました。あーうれしい!小屋の公衆電話が故障したそうです。公衆電話も年代物で修理もままならずの状態ですと話していました。
テントを張ってちょっと横になりました。
DSC03233_convert_20150825230610.jpg

楽しみにしていた小屋の食事 みんな手作りです。今日の食卓には3組のご夫婦と4人の単独者の合計10人 食卓についたなかで私1人がテント泊です。他に素泊まりの方もみえました。食卓についた10人は明日 みんな蓮華温泉に降りるそうです。今日の歩いた道は 花の本を見ているように花がしていて進むのに時間がかかったわと話していました。食事はもちろん完食!
DSC03236_convert_20150825230131.jpg

DSC03238_convert_20150825224858.jpg
夕方になりガスってきました。でも今夜は雨は降られないようです。今日はテント場は4張。 1番手の単独男性は蓮華温泉から五輪尾根を登ってきたそうです。明日は白馬大池へ 周遊の山行時は時計回りと反対方向を歩くんだそうです。2番手が私 3番手は単独男性で上高地から西鎌尾根 ・黒部五郎・薬師・劔・欅平と歩き昨日は不帰岳非難小屋にとまり今日はそこから歩いてきたろうです。明日は栂海新道を歩き明後日 日本海で泳ぐぞと話していました。4番手は単独女性 親御さんの介護をされているようで久しぶりの山登りだそうです。今日 明日はここで泊まりゆっくりしますとの事でした。

夕日
DSC03242_convert_20150825224607.jpg

左から雪倉岳 白馬岳 旭岳
ここを歩く前より雪倉岳に親しみが感じられました。今度 白馬に登った時は 旭岳にも足をのばしたいなと思いました。
DSC03243_convert_20150825224010.jpg
スポンサーサイト
by つくだにちゃん  at 00:31 |  山登り(北アルプス) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター