スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by つくだにちゃん  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

H27.9.23~24 甲斐駒ケ岳

9月最後の2連休 今年最後にどこかアルプスを歩きたいなと思っていました。2日間でも歩きたいコースはあります。しかし連休の前日の勤務が深夜まででそれから登山口に向かうのは難しいです。平成20年8月に黒戸尾根から甲斐駒ケ岳(ピストン)に登ったKとがありますが北沢峠から登った事がなかったので甲斐駒ケ岳に登ってきました。 以前から北沢峠から甲斐駒ケ岳に登りたいなと思っていました。アプローチも簡単でいつでも登るチャンスはあったのに登っていませんでした。
今季は 23日は、北沢峠までいきテントを張って 24日に甲斐駒ケ岳に登ろうとも思いました。

テント場ー仙水峠ー駒津峰ー甲斐駒ケ岳ー摩利支天ー駒津峰ー双児山ーテント場

テント泊

単独


9月23日
23日は8時頃 自宅を出発。シルバーウィーク最後の日で 渋滞はないかなと心配でしたがスムーズに進みました。12時頃 仙流荘に着きました。駐車場は満杯 川沿いの第2駐車場にとめました。12時30分の北沢峠行きのバスに乗りましたが登山者は4人でした。皆さん 甲斐駒ケ岳なり仙丈ヶ岳に登るようです。
1人中高年の単独女性がみえました。本当に小柄でピンクのジャケットを着てみえたので目立ちました。箕輪からみえたとの事です。本当は 槍ヶ岳に行きたかったそうですが 家族から反対され甲斐駒にきたそうです。この女性今日は 仙水峠にとまられるそうです。
13時30分過ぎ テント場に着きました。案外 テントは張られていました。天気は曇っていたので私はテントに入り今話題の芥川賞作品である又吉直樹さんの「火花」を読んでテントにこもっていました。読み終わりテントから出ると 甲斐駒なり仙丈なり下山された方がテントを撤収して帰ったのかテントの数が減っていました。
夕食はラーメンとおにぎりとビール 昨夜 睡眠時間も少なかったので暗くなり横になると眠っていきました。

DSC03338_convert_20151002083842.jpg
 
9月24日
5時 テント場出発
仙水峠と栗沢山の分岐を左に歩きます。

5時43分 仙水峠
ここにもテント場があります2張ほど張ってありました。今日はザブザックなのですがCTを大幅に越えています。まだ歩きはじめなのに・・・。
DSC03340_convert_20151002084949.jpg

樹林帯を抜けゴーロ状の斜面の裾を登っていきます 
DSC03342_convert_20151002090527.jpg

6時16分 仙水峠
ここでご夫婦が休憩されていました。頂上へ直登で登るのかまき道を歩くのか尋ねると 「直登はえらいらしいよ」と言われました。どちらで登るか迷っていましたが(直登で登ってみたいなという思いもあったけど) 今回は単独だし 怪我があってはいけないしまき道で行こうと思いました。

陽が登りましたが山梨側は雲海がひろがり市街は雲に覆われているようです。摩利支天が目の前に広がります。
DSC03346_convert_20151002091340.jpg

樹林帯の中を登っていきます。
DSC03349_convert_20151002092314.jpg

栗沢山~早川尾根~鳳凰三山
あちらこちら葉が黄色く染まっています。
DSC03351_convert_20151002092713.jpg

7時40分 駒津峰
曇って雲海が広がっていますが登山者が展望を楽しんでいます。御岳・乗鞍 中央アルプス 北アルプス 栗駒山から鳳凰三山 富士山 北岳 仙丈が岳それぞれ山の特徴がわかるくらいはっきり見えます。 

目の前には甲斐駒ケ岳
DSC03372_convert_20151002094009.jpg

駒津峰からは登って下って登って下って 岩場の尾根道です。

8時42分 六方石
DSC03380_convert_20151002094647.jpg

この辺りで7月仙塩尾根南部を歩いた時 お世話になった和歌山さんに会いました。一目見てお互い「あっー!」と声をあげました。和歌山さんは 黒戸尾根を登り甲斐駒ケ岳へ そして北沢峠へ下りるそうです。7月にご一緒した時に 甲斐駒ケ岳は黒戸尾根から登りたいと話していました。連絡先を交換して別れました。2か月ぶりに会えるなんて本当にラッキーです。

直登とまき道の分岐
DSC03381_convert_20151002095432.jpg

分岐を過ぎるといったん岩場を下ります。まき道と言えども足が短い私にはここを登るときちょっとてこずりました。樹林帯をこえ花崗岩のザラけた登山道を歩きます。摩利支天への分岐を過ぎ頂上へと登ります。この最後のザけた道がには軽いはずなのに足がさっさと進みません。「もうすぐですよ」と声をかけてもらい頂上に着きました。

9時48分 甲斐駒ケ岳
DSC03392_convert_20151002095928.jpg

仙丈が岳
DSC03388_convert_20151002102948.jpg

北岳
DSC03389_convert_20151002103218.jpg

鳳凰三山と富士山
DSC03393_convert_20151002103513.jpg

八ヶ岳
DSC03396_convert_20151002103755.jpg

鋸岳
DSC03399_convert_20151002104007.jpg

北アルプス
DSC03404_convert_20151002104256.jpg

30分くらい写真を撮ったりパンを食べたりして頂上にいました。
10時15分 頂上を後にしました。
 
登ってくる登山者 ザレた道は下りは滑るのが要注意です。下っていく途中で 昨日 バスで会ったピンク色のジャケットを着た女性に会いました。
DSC03412_convert_20151002101900.jpg

10時37分 摩利支天分岐
摩利支天へ寄っていこうかどうしようか帰りのバスの時間の事も考えて迷いましたが寄っていくことにしました。摩利支天までは20分もかからず着きました。

摩利支天
DSC03416_convert_20151002101602.jpg

摩利支天より駒ヶ岳を眺めます。
DSC03420_convert_20151002104934.jpg

駒津峰への登りでピンク色のジャケットの女性と会いました。その女性は 背丈が150cmもない小柄な女性だったので岩場の登りでちょっと大変なところがありそうでしたが確実に登ってみえました。私は15時のバスに乗りたかったのでそこで先を歩かせてもらい進みました。

12時 駒津峰
今から 頂上を目指す人もいます。ぽつりぽつり雨が当たります。
下山は双児山を下ります。駒津峰を降りたときから雨が当たり合羽を着こみます。樹林帯に入るのでそう雨に濡れないと思うけどテントの撤収が嫌です。

双児山
DSC03429_convert_20151002105658.jpg

12時42分 双児山
最後に甲斐駒を眺めます
DSC03432_convert_20151002105937.jpg

14時2分 北沢峠
テント場に戻りテントを撤収
15時のバスに乗ることができました。

仙丈が岳は女性的な山 甲斐駒ケ岳は男性的と言われていますが本当にその通りです。北沢峠から起点とする北沢峠へのアプローチも三重県からだと簡単で両方の山を楽しめるのでいいす。しかし 甲斐駒ケ岳 登りあり下りあり いわばありザレ場あり登山口には簡単に行けても登りがいのある山です。シルバーウィークを少しずらして静かな山登り そして紅葉も始まり今年最後のアルプス 楽しめました。
スポンサーサイト
by つくだにちゃん  at 11:11 |  山登り(南アルプス) |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

思いがけない再会

こんにちは!思いがけない再会で驚きました。
こんなご縁もあるんですね。
甲斐駒、黒戸尾根、往復をしたこともあるんですね。私は登りだけでいいです。
でも、北沢峠への下りも歩きにくかったです。
甲斐駒本当には展望がいい山ですね。
曇っていたけど、360度の展望が見られて良かったです。
またどこかでお会いしましょうね。
by 齋藤真弓 2015/10/02 15:45  URL [ 編集 ]

お疲れさんでした

ちょくちょく歩いているね~
テント泊 最近していないなあ

昨日は途中敗退でしたよ
木道が凍結していてこけました
首と腰の打撲です
長距離ドライブで終わりました
バッジは3個増えましたが 笑
by GP(岐阜ぺんぎん) 2015/10/04 19:39  URL [ 編集 ]

Re: 齋藤さん

齋藤さん

 本当に思いがけない再会でびっくりしました。
 仙丈が岳には、3,4回登っていますが、甲斐駒ケ岳へは、7年前に登ったきりでした。
 北沢峠からは 初めて登りましたが 急登あり岩場ありザレありでサブザックで荷は
 軽いのに時間がかかりました。
 あの日 曇っていましたが360度の展望でよかったです。
 またどこかでばったりできるといいですね。
 

by つくだに 2015/10/04 21:42  URL [ 編集 ]

Re: GPさん

GPさん

 朝夕涼しくなりましたね
 どこに行ってみえましたか?
 バッチもUPしてください。

 北沢峠のテント場で寝ていても夜はシェラフのみでは寒くって
 シェラフカバーをして寝ました。

 これからは紅葉が楽しみですね



by つくだに 2015/10/04 22:14  URL [ 編集 ]

甲斐駒のも

バッジをアップしてくださいね~(^^)
長野県人は東駒ヶ岳と言っていますよ
甲斐駒と言うと山梨県の山みたいに聞こえるからね
西には木曽駒があるし
by GP(岐阜ぺんぎん) 2015/10/09 12:40  URL [ 編集 ]

Re: GPさん

GPさん

甲斐駒ヶ岳は以前 黒戸尾根から登った時に買ったので今回は買ってないです。
そのバッチがこれです。
http://mini1638.blog103.fc2.com/blog-date-20080824.html

山梨県の登山口の店で買ったから「甲斐駒ヶ岳」なんですね。
北沢峠の小屋でも買っておいたらよかったです。
また今度 北沢峠に行く機会があったら買いたいと思います。
by つくだに 2015/10/10 22:21  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。