H28.2.26~28 蔵王(熊野岳)

私は ずーっと見たい景色がありました。それはモンスターと言われる樹氷です。しかし私の住んでいるあたりでは見ることはできません。風が厳しく 雪が多い 北日本でないとみれません。見たいけど1人で行くのも寂しいし、 登ったことのない雪山を登ることなんてできないし・・・なんて毎年冬になると考えていました。昨年は 山の仲間と北八ヶ岳に行き私は 北横岳をスノーシューで歩きました。年末の忘年会で 「さて 今年はどこへ・・・」という意見が出たとき 「蔵王へ行こう」ということになりました。


2月26日 自宅ー名古屋中部空港ー仙台空港ー蔵王温泉
2月27日 蔵王温泉
2月28日 蔵王温泉ー仙台駅―松島ー仙台駅ー仙台空港ー名古屋中部空港ー自宅

M師匠 N師匠 YBさん ゆきさん Yさん 私


2月26日
名古屋中部空港7時30分発の飛行機に乗り仙台空港へ。そこからバスで蔵王温泉へ。12時に蔵王温泉に着きました。
M師匠 N師匠 ゆきさんはスキーへ。YBさん Yさん 私は スノートレッキングへ。今回 私は靴とステッキを持っていきました。今季 スノーシューで山を歩いていないので 蔵王の山(スキー場)を自分のスノーシュで歩いてみたいなと思っていたのですがスノーシューは持っていきませんでした。さてスノートレッキングっといってもどこを歩いたらいいのかわからなかったので 蔵王中央高原」かんじきスノーハイクに申し込みました。これは スノーハイクコースをそれぞれ個人で歩きます。スノーハイクコースの地図をもらってそのコースを歩きます。コースはゲレンデのスキーのコースです。かんじき代 往復のロープーウェイ代込で2600円です。ここで借りたかんじきはプラスティック製 スキー場のコースなのでかんじきを装着しないでも歩けそうですがかんじきで歩くというのがここの売りのようです。
この日は 太陽は出ておらず雪も少しふり出し風が当たるとやはり冷たいです。樹氷原に行けばモンスターをみれるかも…ということで樹氷原に向かい歩くことにしました。

樹氷原あたり
DSC03726_convert_20160304214540.jpg

DSC03738_convert_20160304214955.jpg

スキーのコースを歩きます。
DSC03744_convert_20160304215414.jpg

樹氷原から下りのロープーウェイ駅に向かうときコースを間違えて最終17時のロープーウェイに間に合うかひやひやしましたが
何とか間に合いホッといました。宿に帰り 温泉につかり夕食がまっています。この日は 朝早かったので夕食を食べて横になるとすぐ寝てしまいました。

2月27日
今日はメンバー6人 スノートレッキングです。お釜を見て熊野岳まで歩きます。宿を出たときは、青空がひろがっていてわくわくしました。私たちは 雪の蔵王を歩くのが初めてだったし 6人だとツアーに申し込むより割安となるのでガイドさんを頼みました。申し込んだとき 「樹氷はありますか?」と聞くと 「2月中旬に暖かかくなり雨が降って全てなくなってしまったとの事」でした。残念・・・。でも天候や自然が作り出してくれるもの 花の咲き具合などは人間が操作できません。例えなくとも蔵王で楽しもうと思っていましたあ。出発の4,5日前に 「また寒くなるので樹氷期待できますよ」との事で 少し期待を持ちます。9時集合でしたが メンバーの3人が靴 ステッキを借りる事になっていました。今日は土曜で滑りに来る人も多くレンタル屋さんで靴を借りれるまで時間がかかりました。まず蔵王山麓駅からロープーウェイに乗り樹氷高原駅で乗り換え地蔵山頂駅に向かいます。この日は、蔵王山麓駅からスキー・ボードのする人がロープーウェイに乗るためには整理券が配られていました。樹氷を見る観光客 スノートレッキングをするものは 4列のうち一番右側に並ぶのですが 私たちが並んでいるとアルコールを飲んでいると思われる3人の男性外国人が私たちを追い越し先に並ぼうとします。そこでガイドさんが制止すると彼らは「サイトシーン」と言ってきます。私たちも「サイトシーン 並んでいる」と順番に並ぶように言っても先に行こうとします。しかしガイドさんの毅然とした態度 忠告でその男性たちは降りて行ってしまいました。私達だけだったら何も言えないかもわからなかったですが ちょっとすっきりしました。

10時30分に地蔵山頂駅につきそこでかんじきを装着します。昨日のかんじきはプラスティックでいたが今日のかんじきは竹でできています。装着の仕方も違います。
DSC03747_convert_20160304220257.jpg

山麓駅を出るころは 青空が出ていたのに今はガスっています。展望なんてありません。「お釜が見えるよ」と山麓駅を出るころ話していたガイドさんも「これではお釜は見えないな」と話していました。
肩下まで雪で覆われたお地蔵さんにお参りしてロープをくぐり地蔵山へ登ります。ガスっていて強風ではないけど風が吹いています。
地蔵山
DSC03748_convert_20160304215718.jpg

DSC03749_convert_20160304221145.jpg

地蔵山から雪の中から少し出ている木道を歩き石畳の階段を下ります。本当なら例年だったらこれらは雪の下に隠れているんだろうな。2月中旬に 温度が上がり雨が降り樹氷がなくなったとの事。だからちょっと見えるんだと思います。私は今まで蔵王の山を歩いてことはないです。何も木々もない稜線 木柱がケルンのような道標になっているんですね。熊野岳方面からすでに歩いてくる方も見えます。早く出発された方はお釜も見れて 展望もよかったのかなと思いました。下りきったら今度は緩やかに登っていきます。相変わらずガスガスで風も吹いています。

12時 非難小屋
コンクリート製の非難小屋です。入ると先客の方が5人休んでみえました。私たち6人が入るともう満杯。ここでパンを食べ温かいお茶を飲みます。

少し休んで小屋を出ます。小屋を出たもののさっきと天候は変わらずガスガス お釜は見れないでしょうがお釜展望地へ ながめているとガスが晴れてきました。みんな 歓声を上げて写真撮りました。
DSC03766_convert_20160304221620.jpg

さっき休んだ非難小屋が見えます。熊野岳への稜線も見えるし馬の背 刈田岳方面も見えます。うれしいです。
DSC03773_convert_20160304223029.jpg

熊野岳
DSC03776_convert_20160304223521.jpg

DSC03784_convert_20160304223910.jpg

DSC03786_convert_20160304224722.jpg


さて戻ります。帰りは青空が広がりいい天気。行きに見えなかった景色を見ながら戻ります。
DSC03788_convert_20160304224327.jpg

地蔵山につき地蔵山頂駅を眺めるとスキー ボーダー 観光客の姿が見えます。少しモンスターと戯れてロープーウェイ駅へ向かいます。
DSC03805_convert_20160306080043.jpg

天使の羽
DSC03820_convert_20160306080502.jpg

やや小ぶりなモンスター
DSC03831_convert_20160306080804.jpg

お地蔵さん
DSC03824_convert_20160304220657.jpg

15時 蔵王山麓駅へ
ガイドさんにお礼をいい宿に戻ります。

2月28日
バスに乗り山形駅へ そしてJRで仙台駅へ 飛行機まで時間があるため 松島まで足をのばします。26日に仙台空港に着いた時 空港内にも東北大震災の時のパネル写真が展示されていました。仙台から松島に向かう列車の中で 街中をながめているとみなテレビで映し出された大震災の光景を思い出します。

五大堂
DSC03863_convert_20160306083802.jpg

松島海岸駅
DSC03868_convert_20160306083206.jpg

今回 お釜も見れたし熊野岳にも行けました。展望も見れたし 一度 消えた樹氷ももう一度 姿を現してくれました。温泉につかりおいしいものを食べてたのしくすごしてきました。
訪ねたい 見たいと思わせてくれる自然は偉大だなと思いました。
スポンサーサイト
by つくだにちゃん  at 09:11 |  山登り(東北) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

お久し振りです

蔵王!僕も今年行こうとしましたが、休みと天気が合わずに断念しました。完璧なモンスターとはいかなかったかもしれませんが、写真で見る限りは立派なモンスターですね。僕も来年行こう。
by fuka 2016/03/08 08:43  URL [ 編集 ]

Re: fukaさん

fukaさん

お久しぶりです。
ちょっと小ぶりのモンスターでしたが見たかったモンスターに対面できました。
fukaさんの住んでいる関東方面からだと車でも行けますね。
私も次回はもっと大きなモンスターとたわむれたいです。

fukaさんのブログ チェックしています。
最近 山行レポートが更新されていて楽しく読ませてもらいました。
簡潔明瞭 思ったことがズバッとかかれていていいです。
私はますます歩くペースが遅くなってますが 山を歩きたい ○○へ行きたい
という思いは相変わらずあるので実現できたらいいなと思います。
fukaさんも事故のないよう無理せず気をつけて下さいね。
by つくだにちゃん 2016/03/09 23:40  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター