スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by つくだにちゃん  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

H28.4.11 入道ヶ岳  ~井戸谷を登り二本松を下る~ 

入道ヶ岳は、花を楽しむ、春を感じる山だと思います。絶対 この時期に登っておきたい山です。そして北の頭から見る鎌ヶ岳は迫力があると思うし頂上から見る伊勢平野は青い空 海がまじかに迫ってきます。登山口まで車で入れ手軽に登れます。隊長さんは、この時期に3度 登っています。半日でも時間があると楽しませてくれる重宝な山だそうです。(ただしヒルの時期は 遠慮したいです・・・)

井戸谷ー入道ヶ岳頂上ー二本松登山口

単独


諸事情で登山口に着いたのが13時前 13時より井戸谷コースを登り始めます。花に出会えるのを楽しみです。
こちらに車で向かうまでのほうが空が曇っていたのですが こちらに着いてからは青空です。13時からだと遅い登り始めですがこのコースは迷う事もないし大丈夫でしょう。キャンプ場で 駐車していた男性が 「頂上はすごい風やったよ」と教えてくれました。

久しぶりに花の写真を撮っていると いつも思うことですが花の写真って難しいなと思います。間があくとカメラの機能を忘れてしまってなかなか思うように撮れません。1つの花をズームアップしてとるのか、花の群生としてとるのか、いくらオートフォーカスでも
光の加減でピントがなかなか合わないし難しいです。

タチツボスミレ
DSC04057_convert_20160414091541.jpg

ヤマルリソウ
DSC04064_convert_20160414091913.jpg

ミヤマハコベ
DSC04059_convert_20160414092121.jpg

キケマン
DSC04061_convert_20160414092338.jpg

ムラサキケマン
DSC04065_convert_20160414092538.jpg

13時50分 井戸谷小屋

ミノコバイモ
DSC04068_convert_20160414094024.jpg

DSC04069_convert_20160414094321.jpg

ニリンソウ
DSC04071_convert_20160414094552.jpg

DSC04072_convert_20160414094628.jpg

14時20分ごろ 看板6少し手前で上から下りてきた男性に 「あと1時間くらいかかるよ。登るの」と言われました。私は「はい」と答えましたがこの時間にこの地点だと山登りの常識に反するのでしょう。ここまでは 花を楽しむために谷に足をのばしたり、きょろきょろしたり写真を撮ったりして登ってきました。私は歩くペースは速くないけどここからはそう花もないので笹原を登っていくだけだしもう少しスピードアップできると思います。しかし私は登山口を歩いていても 単独だからなのか「大丈夫?」と声をかけられる事が多いです。

アセビ
DSC04077_convert_20160414094929.jpg

DSC04080_convert_20160414095139.jpg

15時 入道ヶ岳
アセビロードを抜けるとすごい風!カメラを構えても風で自分の手で固定できません。そして寒い!手がすぐにかじかんでしまいます。
DSC04087_convert_20160414100445.jpg

鎌ヶ岳
DSC04088_convert_20160414100731.jpg

伊勢平野
DSC04093_convert_20160414101305.jpg

野登山・仙ヶ岳・宮指路岳
DSC04091_convert_20160414101219.jpg

強風の中 写真を撮っていると二本松コースから十数人の団体さんが登ってきました。若い女子学生の団体の前後に男性が付き添っています。白装束で登ってきました。頂上の鳥居に入る前に礼をして奥宮方面に向かっていきます。私は奥宮には向かいませんでしたが 鳥居に入る前に礼をして手を合わせ鳥居をくぐり二本松コースを下山することにしました。

DSC04096_convert_20160414101618.jpg

16時20分 二本松登山口

今年まだ見ていなかったミノコバイモはもう終盤 いつも咲きはじめを見ているのでもっと花が子供のほっぺのように大きくて中の花弁も見れるほどなのですが今年は時期を逃してしまいました。ミノコバイモの花がすっぱいものを食べたときのようにほっぺが随分小さくなっていて花の時期が経過していくのがわかります。花の咲きはじめを見るのはウキウキしますが終盤を迎えるとなんだか寂しくなります。また1年待たないと会えないなと思うと来年は、見逃さないようにしようと思うのです。
また小さい花 鮮やかな色彩でないものは地味な花 身近でみられる花は 注目されにくいですが じっくり見ていると生命力が感じられかわいいです。この時期 花は次から次へと咲いていきます。乗り遅れないように楽しみたいと思います。
スポンサーサイト
by つくだにちゃん  at 10:17 |  山登り(鈴鹿) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。