FC2ブログ

H28.5.29~30 甲武信岳 ~富士山を見ながら縦走の予定でした~

いくつか歩いてみたい山や縦走路があります。その1つが甲武信岳から富士見山荘への縦走です。ゴールデンウィークに歩いてみよかなと思っていたのですが残雪の時期は体力的にも無理だと思いこの時期を選びました。山行予定は 5月29日~31日。山行1日目の 29日の深夜から雨予報 30日も天気が悪いとの事。やはり景色を見ながら歩きたいし もし天気が悪ければ甲武信岳ピストンでもいいと思い出かけました。結局 甲武信岳ピストンでしたが いつか歩いてみたい縦走路です。

5月29日 山梨市駅ー(バス)-西沢渓谷ー徳ちゃん新道登山口ー木賊山ー甲武信小屋(テント泊)
5月30日 甲武信小屋ー甲武信岳ー甲武信小屋ー木賊山ー徳ちゃん新道ー西沢渓谷ー(バス)-山梨市駅

単独


5月29日
韮崎駅近くの駐車場に車をおき JRで山梨市駅に向かいます。

韮崎駅
駅の前のモニュメントです。私にとって韮崎と言えばサッカーの中田選手です。
DSC04644_convert_20160602142502.jpg

山梨市駅
DSC04646_convert_20160602143035.jpg

山梨市駅から9時12分の西沢渓谷行のバスに乗りました。6,7人の登山者がのっていましたが終点の西沢渓谷までのったのは私1人でした。

10時10分過ぎに西沢渓谷につき そこから登山口まで歩きます。私と同じように渓谷方面に歩く人は渓谷めぐりの方でしょう。装備も身軽です。すれ違う人は、甲武信岳から下山者もみえます。バスの車体に「七ツ釜 五段ノ滝」がかかれていてきれいだなと思いました。大杉谷の七つ釜滝のようです。
DSC04648_convert_20160602143348.jpg

10時50分 徳ちゃん新道登山口
私1人 登山口に入っていきます。ここから甲武信小屋まで5時間20分 テント装備でリュックは重いしいつもよりましてペースは遅くなります。18時頃 小屋につければいいかな。
DSC04649_convert_20160602144659.jpg

山ツツジ
DSC04650_convert_20160602151121.jpg

1時間ほど歩いて休憩しました。木の根元にリュックを置くとその下は落ち葉がつもったやや急な傾斜面になっています。こんなところに物を落としたらコロコロ転がっていくだろうななんて考えていました。おにぎりを半分食べたところで地図を出そうと思いリュックをあけたらダウンの袋がコロコロ下に転がっていきました。下をのぞくも 見えるところにはダウンの袋は見当たりません。急斜だけれど下は落ち葉 木も所々あります。下は谷ではないし 岩場でもないのでちょっと降りてみることにします。このダウンがなかったら私 今夜 寒さをしのげません。ちょっと下ると ダウンの袋がみえました。無事 ダウンを確保し休憩したところまで戻ってきました。30分ほど時間がかかりました。しかしよかった。ダウンが戻ってきて・・・。

DSC04655_convert_20160602202107.jpg

DSC04663_convert_20160602201709.jpg

14時13分 徳ちゃん新道と近丸新道合流地点
DSC04668_convert_20160602151613.jpg

ロス時間を除けば私としてはいいペースです。でも これから時間とともにペースがおちていくしこれから急登がまっています。
この地点を過ぎると シャクナゲロードの始まりです。歩きはじめ シャクナゲの花は落ちていたり花は住んでいましたが少しづつ標高をあげるにつれて花が満開となっていました。私 こんなシャクナゲロードを見たのは 初めてです。今まで樹林帯の中で展望もなかったのでシャクナゲの花を見てついつい何枚かシャッターを切ってしまいました。
DSC04697_convert_20160602200433.jpg

DSC04692_convert_20160602200800.jpg

DSC04690_convert_20160602200734.jpg

しかしシャクナゲの花もきれいなのですが このシャクナゲロードを過ぎ樹林帯を歩かないと 破風山からの登山道の合流点には着きません。いつまでもシャクナゲロードが続くので早く小屋へ着きたい気持ちと シャクナゲの花を楽しむ気持ちが交差しました。
樹林帯で少し霧が出てきました
DSC04698_convert_20160602195934.jpg

17時36分 破風山からの登山道の合流点
DSC04699_convert_20160602195613.jpg

17時48分 木賊山
DSC04700_convert_20160602195237.jpg

木賊山は展望はありません。木賊山から甲武信小屋まで下りです。途中 ザレ場があり展望が開けています。 ガスっていなかったらここから甲武信岳が見えるようですがガスっていて真っ白です。

イワカガミ
DSC04701_convert_20160602194718.jpg

バイカオーレン
DSC04702_convert_20160602194800.jpg

18時5分 甲武信小屋
DSC04703_convert_20160602192350.jpg

テント場にはテントは2張 テントを張ろうか、素泊まりで小屋にとまろうか、予報では 深夜から雨の予定です。小屋の方に話してみようと思い小屋の中に入りました。小屋の方に 今夜 テント泊をされる男性を紹介してもらいました。その方は 今日は大弛峠から歩いてきたそうです。私が 明日 行きたい方面から歩いてきたということで話を聞いたいり写真を見せてもらいました。大弛峠のテント場を 4時に出発したそうで 朝日がきれいでした。富士山もきれいに写っていました。何回もアップダウンがあるよ等教えていただきました。雨も明日 早朝から降るみたい。 雨が降っても行ってみたら…とその方の話を聞いて、今日はテント泊にしました。その時は 雨が降っても明日は 大弛峠方面に向かうぞと思っていたのですが 予想に反して21時頃から 雨がパラパラ 小雨になるときはあってもずっと降っていました。

5月30日
隣のテントの方は 2時過ぎに起き3時過ぎにテント撤収され出発されました。私は うつらうつらしていました。今日は下山しようという思いが大きくなっていました。昨日 アドバイスをいただきましたが最後に決めるのは自分です。小雨のうちにテントを撤収しました。雨はそんなに強く降っていないけど小雨になったり降ったりしていました。しかし 私 甲武信岳の頂上を踏んでいない! 別にピークはンターではないけどここまできて頂上を見ないというのもどうかなと思い頂上に向かいました。

5時40分 甲武信岳
DSC04707_convert_20160602191707.jpg

頂上はガスガスで雨が降って私が行く予定であった大弛方面 真っ白!また今度こよう!私は 景色を見ながら歩きたかったのだから・・・。 と言っても私 次回もテント装備で甲武信岳に登れるかな 
DSC04708_convert_20160602191932.jpg

再び小屋に戻り 6時に小屋をでて昨日 登ってきたのと同じコースで下山しました。5時に男性2人が 徳ちゃん新道を下るのに小屋を出発されました。
帰りは雨が降っていて 写真もありません。しかし 雨に濡れたシャクナゲもきれいだなと思いながら通過しました。途中 軽装備の男性2人(うち1人外国の方)と女性1人のグループと会いました。
登山口近くで4人ほどのグループがこれから登って行かれました。

10時5分 登山口
バスは10時過ぎなので間に合いません。 バス停までの途中に 屋根のついた休憩所があったのでそこで休憩。朝から何も食べていないし昨日の夜もそう食べていないのでパンを2個食べました。これからバスにのって韮崎まで公共交通機関を利用しないといけないため 濡れたものをビニール袋にいれ1つにまとめてバス停に向かいました。バス停の傍の店でヨモギ餅を買い温かいヨモギ茶をいただき食べました。暖かいお茶を飲みホッとしました。

私は 登りで小屋に近づくにつれもう西沢渓谷からテント装備で登るのは無理だ~!と思っていました。私のペースでは 11時に登山口を出発して登るのはちょっと無理があります。もう少し バスが西沢渓谷に着くのが早かったらな・・・とも思います。もう 西沢渓谷から登るのは無理~!っという思いで一杯だったのですが山から遠ざかるにつれてまた行ってみたいなという思いがわいてきました。人間の気持ちって不思議です。

今回 私が富士山の姿を見たのは 1日目の山梨市駅から西沢渓谷へ向かうバスの中でのみ・・・。 5月29日は 天気はよかったのですが登っていくコースは樹林帯の中だったし 私自身も開き直っていたものの登るのに一生懸命だったので景色眺める余裕がなかったのです。16時過ぎからはガスが出てきて曇ってきて展望も眺められなかったし…。この日 早く小屋に着けば富士山も眺められたので私以外の宿泊の方は早く到着されていて富士山を楽しんでいるはずです。私1人 富士山を眺められなかったのだと思います。今度は 私も富士山を眺めながら歩いてみたいものです。
スポンサーサイト
by つくだにちゃん  at 20:24 |  山登り(秩父) |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

おはようございます。
甲武信岳からの富士山の眺望は最高でしょう!
私は千曲川源流コースから入って、バッジを買うためにピークから一旦甲武信小屋まで降りました。皇太子ご夫婦の写真を見て驚いたのを覚えてます。
私も最初はバッジやピークハンターではなかったのですが、折角足を伸ばした処は自然と記念になるものが欲しくなるものですネ。
by 居酒屋与太郎 2016/06/04 06:46  URL [ 編集 ]

お疲れさんでした

西沢渓谷からテント装備は僕は無理だなあ

27日に毛木平から甲武信岳に上がりましたよ~テント装備で小屋に素泊まりしました 笑
ペグ忘れて 爆
帰りは十文字小屋経由でシャクナゲでした

たしか甲武信小屋にある皇太子夫婦の写真は美ヶ原か霧ヶ峰でのものですよ~(^^)
by GP(岐阜ぺんぎん) 2016/06/04 21:04  URL [ 編集 ]

Re: 居酒屋与太郎さん

居酒屋与太郎さん

今回は 天気が悪くって甲武信岳から富士山はみられなかったのですよ。
富士山だけではなくこれから歩く縦走路も見えませんでした。
また いつか天気をいい日を狙ってこのコース歩きたいと思います。

居酒屋与太郎さんもバッチを集めているのですか?
山バッチに限らないで記念となる物を買っているのでしょうか?
そういうのも居酒屋与太郎さんのレポートで紹介してもらえると
楽しみが増えます。




by つくだに 2016/06/05 08:36  URL [ 編集 ]

Re: GPさん

GPさん

甲武信岳=GPさんというイメージがあります。
西沢渓谷から登りは長く感じました。
毛木平から登っている方もたくさんみえてますね。
今回 西沢渓谷から登りとまって下山した方は私含め3人だったように
思います。
自分でも また登れる体力があるかなと思ったりもしますが その時の
体力に応じたコース 山行形態にしようと思います。
今度は 甲武信岳から富士山を見たいです。

by つくだに 2016/06/05 08:45  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター