FC2ブログ

H28.9.10 木曽福島Bコース ~またしても頂上踏めず~

明日(9月10日土曜日)は天気がいいようです。天気がもつのは、10日 せいぜい11日までのようで来週は 秋雨前線 台風で日本列島は天気が悪そうです。明日 山に行かなかったら後悔しそうです。休みは 10日のみ。どこに行こうかと考えて もう1度 木曽駒ヶ岳へ 今度は違うルート(福島Bコース)から登ることにします。明日は天気がいいから頂上にたてたら気持ちいいだろうなと思いました。今度は 頑張って頂上を踏みたいものです。

福島Bコース 木曽駒高原スキー場ー(林道)ー幸ノ川を渡るー4合目ー7合目避難小屋ー玉の窪小屋(ピストン)

単独

先日 上松Aコースを歩いた時は 5時30分に出発し 時間の都合で玉の窪小屋までしかいけませんでした。今回はもう少し早く出発して今度こそ 頂上を踏みたいです。ヤマレコのレポートを見てみると 皆さん健脚で日帰りでみえる方が多いです。頂上を踏むだけでなく宝剣岳やほかの山に寄ったりして歩いてみえます。しかし 私は 日帰りで頂上を踏むことは大きな課題です。
しかし 結局 今回も5時30分 出発となりました。

駐車場に着くと車が2台とまっていて単独男性がお1人 今から出発されるところでした。私は、すかさず福島Bコースは、どこから入るのか確認しました。男性が 私に「日帰り?」と聞かれたので「はい」と返答。しかし男性は 周遊コースのようです。周遊コースとは木曽駒山頂を踏み将棋頭山・茶臼山により木曽駒高原スキー場に戻ってくるコースです。 おどさんのレポートを読んで知りました。

コガラ登山口
右に進むと福島Bコース 左は茶臼コース・沢登りコースとなっています。右に進みます。
DSC05177_convert_20160913125954.jpg

30分ほど林道を歩き林道終点で幸ノ川を渡り登山道に入ります。
そこから九十九折れに登っていきます。 
DSC05178_convert_20160913130716.jpg

6時26分 4合目
DSC05179_convert_20160913131956.jpg

DSC05181_convert_20160913132404.jpg

7時3分 4合目半 力水
地面は湿っていましたが水は出ていなかったと思います。ここも上松Aコースと同じで半合目ごとに標識があるのかなと思っていたら各合目にあるわけではありませんでした。
DSC05183_convert_20160913132630.jpg

DSC05184_convert_20160913133405.jpg

DSC05186_convert_20160913143110.jpg

7時45分 5合目
8時33分 6合目

木曽駒ケ岳が見えます。景色が見えるっていいなぁ。
DSC05198_convert_20160913145005.jpg

9時19分 見晴台
先日 上松Aコースから登った時は 曇っていて御岳山も眺めることができませんでしたが 今日は見ることができてよかった。
DSC05205_convert_20160913144507.jpg

9時38分 7合目避難小屋
DSC05213_convert_20160913145449.jpg

小屋の中 
2階で寝れます
DSC05209_convert_20160913175459.jpg

DSC05210_convert_20160913175534.jpg


ここから木曽駒ヶ岳頂上まで4km 右に行くと福島Aコースへ合流します。直で麦草岳まで800m。800mというとさっと登れそうですが 家に帰ってから他の方のレポートをみると案外時間がかかるようです。しかし麦草岳からの展望もよいみたいで一度 登ってみたいです。福島Bコースで木曽駒ヶ岳頂上へ向かう人もいますが 麦草岳により福島Aコースで木曽前岳を経由して登られる人もいます。地図でもわかるようにここは点線コースで 踏み跡も薄く 崩壊地もあり注意が必要との事でした。
DSC05214_convert_20160913145706.jpg

ここから8合目までCT50分 9合目の玉の窪小屋まで50分ですが 私はここからがここまでにもましてペースがずいぶん落ちてしまいます。

木曽駒ヶ岳
DSC05218_convert_20160913152000.jpg

7合目あたりが標高2400mくらい 7合目からは 案外標高を稼げません。岩場もあったりします。山に沿って玉の窪カールの下まで
進みます。なんか 遠いです。見た感で疲れが出てくるようです。

10時39分 7合目半(山姥)
DSC05222_convert_20160913151119.jpg

DSC05224_convert_20160913153141.jpg

11時8分 8合目 標高2427m
水の流れる音がしました。確認はしませんでしたが地図に水マークがあったので水場でしょうか。
 
玉の窪カールを眺める。ここを登れば玉の窪小屋です。ゆっくりゆっくり登っていると単独の60代~70代の男性が追い越していきました。その方 ペースはゆっくりなのですが確実に歩いて行かれます。でも カールを歩くって久しぶりです。高山へ来たっていう感じがします。

DSC05231_convert_20160913153547.jpg

12時40分 玉の窪小屋
lここで昼食を食べます。帰りの時間を考えると 今回も ここで下りることにします。
頂上にいけばおっと展望がいいと思いますが ここからも先日のガスガスの事を思ったら最高です。
DSC05233_convert_20160913155448.jpg

木曽前岳
DSC05237_convert_20160913155916.jpg

宝剣岳から三ノ沢岳
DSC05238_convert_20160913155951.jpg

宝剣岳
DSC05242_convert_20160913170512.jpg

13時 玉の窪小屋出発
木曽駒ヶ岳頂上方面
DSC05244_convert_20160913170906.jpg

カールを下っていると 男性4人が登ってきます。頂上で泊まって夕食は焼き肉だそうです。リュックの中にはたくさん詰まっているんでしょう。うらやましい。

雨が多いからなのか紅葉もするというより茶色に焼けてしまっている感がありました。
8合目あたりで カール付近で追い越されていった60代~70代の男性が私を追い越し下っていきました。マイペースで リズムを乱さず歩いて行きました。すごいな。

15時13分 7合目
16時    6合目
16時36分 5合目
17時9分  4合目半
17時42分 4合目
18時    幸ノ川渡渉点
林道を歩くころにはうす暗くなっていました。
18時30分  駐車場

歩くペースが遅いのでこんな時間になってしまいました。
先日歩いた上松Aコースは 木曽前岳から下りて玉の窪小屋に着きました。今回歩いた福島Bコースはカールを登りつめて玉の窪小屋に出ます。コースによって登山道も変化に富んでいます。麦草岳にも行ってみたいし休みが取れたら泊まっても行きたいです。中央アルプスは 北アルプス 南アルプスに比べると交通時間も短いのでまた来たいと思います。 

スポンサーサイト
by つくだにちゃん  at 11:09 |  山登り(中央アルプス) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

こんばんは。つくだにさん。
木曽駒コースも楽しそうなコースですね。何と言ってもカールを眺めながら歩けるというのは、快晴の日にはもってこいのシチュエーションだんたじゃなですか。
比較的近いところに、名峰があるなんて羨ましいかぎりです。
by 居酒屋与太郎 2016/09/21 20:12  URL [ 編集 ]

Re: 居酒屋与太郎さん

居酒屋与太郎さん

関東の方は 中央アルプスへ足を運ぼうと思っても交通の便が悪いとおっしゃいますが
三重に住む私は中央アルプスへ足を運ぶのが北・南に比べて 一番 足を運びやすいと思います。
木曽駒ヶ岳は ロープーウェイでも頂上へ行ける山ですが 登ろうと思ったらロープーウェイ
を使わずに登るコースもあります。居酒屋与太郎さんも ルート 気に入ると思いますよ。
今度歩いてみてください。 
by つくだに 2016/09/23 21:27  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター