スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by つくだにちゃん  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

H29.3.22~23 宮之浦岳(淀川登山口~白谷雲水峡) 3月23日  



3月23日

昨日は 朝3時過ぎに起きて山を歩いていて疲れていてぐっすり眠れるかと思いきや全然眠れませんでした。いびきのハーモニーの為もあるけれど 念願の展望が見れて神経が高ぶっていたからかもしれません。夜中から雨が降るのがわかりました。今からふっているのー 明日は曇りではないのー 私は下山し樹林帯を下るのでいいのですが 愛媛の女性はこれから宮之浦岳に登るのにーと思うと早朝にはやむことを祈りましたがだんだん強く降ってきます。4時過ぎに愛媛の女性が起きたので私もおきました。小屋にとまった人の大部分は今日下山する人です。テントで泊まった32人のグループと数人の人が頂上を目指します。皆さん 雨の様子をみているようでなかなか出発しませんが5時前後になると出発していく人もいました。たぶん 絶対頂上にいっても展望もないし登山道は雪が残っていたり凍っていたりしてこの天候の中 行くのかなとは思いました。でも「やめたら…」とはよう言いませんでした。自分も今なら雨の中を歩く山行はできるなら避けますが 今より若いころならなら雨が降っていても山行を続けていたかも・・・。彼女は ワンダーホーゲル部で経験もあるし体力も私よりもあります。でも1つだけアドバイス 岩場や石の上は凍っているところもあるので必ずステッキで確認しながら歩くうように・・・。登ってきて雪の所の踏み抜きや凍っているところの滑るのに一番気を使ったので・・・。雨の降り方も変わらないし 愛媛の女性は5時30分に出発しました。私も6時頃 出発しました。まだ小屋には何人かいました。 6時58分 高塚小屋
この日は雨で 雨でも大丈夫な 「オリンパスのTouhg」のコンデジを使いました。でも暗いからなのか 取り方が下手なのか 写真がぶれてしまいました。
今 工事中の高塚小屋です。

P3231383_convert_20170408010040.jpg

小屋に着いた時は 道順がわからなかったけど少し歩くとテントがテラスにはってありました。ここから縄文杉をながめるのですがガスがかかっていてあまりはっきりみえません。
P3231384_convert_20170406104054.jpg

縄文杉 肉眼ではもう少しはっきり見えたのですが写真でとるとこんな感じです。暗かったしガスがかかっていたし・・・。しかし10年前にもみたし見れただけで満足です。
P3231386_convert_20170406104327.jpg

P3231392_convert_20170406110355.jpg

夫婦杉
P3231395_convert_20170408010742.jpg

大王杉
P3231398_convert_20170408011100.jpg

雨はふっているのに縄文杉を見るために登ってくる人は多いです。ほとんどどこかのツアーに参加していて5,6人のグループが何組もあがってきます。下りもそう早くないし 最終のバスに間に合ったらいいのでそう急いでないのですが・・・。新高塚小屋を5時過ぎに出る方がいてこの渋滞を避けるためなんだなぁと思いました。

8時47分 ウィルソン株
P3231412_convert_20170408012510.jpg

中の祠
P3231409_convert_20170408012753.jpg

そしてミーハーですがハートです。
10年前にきたときは上を見上げたけどどう見てもハートが見れる位置がわかりませんでした。今回は あらかじめ調べていきました。ウィルソン株を入って少し右に移動して見上げるとハートにみえます。やっぱりみんなハートの写真を撮りたいようでどの位置かなと探していたのでここから見ると見えるんですよと声をかけました。「でもギザギザなんです」と私が言うと少しかがんでとるときれいにまだきれいに取れますよ声をかけた方に教えてもらいました。念願のハートです。

P3231411_convert_20170408013105.jpg

翁杉
P3231415_convert_20170408014015.jpg

9時30分 大株歩道入口
P3231419_convert_20170408014315.jpg

大株歩道入口のところに昨日 同じコースを歩きいた人が立ち止まっていました。縄文杉あたりで追い越していかれたのでどんどん先を歩いているのかなと思っていました。「私も膝が悪いんで・・・」のようなことを話していました。大丈夫かなと思いましたがどこか故障しているときは自分なりのペースがあると思うので先に進みました。大株歩道を降りると平坦な森林鉄道を1時間ほど歩きます。これが長く感じます。私は平坦な道なのでひたすら歩きました。

三代杉
P3231425_convert_20170408020824.jpg

P3231426_convert_20170408021245.jpg

10時33分 楠川わかれ
鉄道道が終わりここから辻峠まで50分登ります。
P3231429_convert_20170408021526.jpg

途中で会った鹿
P3231431_convert_20170408094409.jpg

辻の岩屋
雨をよけてここで昼食をとっている人がいました。
P3231434_convert_20170408021905.jpg

P3231436_convert_20170408095841.jpg

11時40分 辻峠
天気が良ければ展望がいいという太鼓岩へよりたい所ですが今日は残念です。
P3231440_convert_20170408095805.jpg

この杉の名は「かみなりおんじ」 小学2年生の男の子がつけたそうです。この辺の杉には子供たちが名付けた杉があります。
P3231442_convert_20170408100458.jpg

もののけの森
本当に苔がきれい 「バイカオウレン」のような花が苔の中で咲いていました。写真を撮ったけどピントが合わずぼやけてしまいましたが・・・。苔の土台にバイカオウレンの小さな花が咲いていて小人が出てくるようでした。
P3231446_convert_20170408100551.jpg

七本杉
P3231451_convert_20170408100651.jpg

12時35分 白谷山荘
中は暗いです。ザックカバーをつけていてもザックはびっしょりぬれています。雨の時に気づきます。自分の防水管理が手ぬるいことを・・・。リュックはもう随分昔ものなので内部のコーティングが劣化していますが リュックカバーもリュックと同じに買った頃のものなので完全に劣化しています。スタッフバックに入れてあっても縛り方が手ぬるいため雨がしみ込んでいるようです.。帰ったらザックカバーを新調しようと決めました。合羽の中まで雨がしみ込んできてちょっと寒いので行動食を少し食べ歩くことにします。雨の山行で気をつけること 雨と推定して保存バックに入れパッキンをしっかりしたりスタッフバックに入れるにしてもしっかり縛らないといけないなぁと改めて思うのです。
P3231452_convert_20170408100755.jpg

くぐり杉
P3231453_convert_20170408100818.jpg

白谷雲水峡の案内人の方にすれちがい 「もう1時間もかからんよ 昨夜は上は寒かったかな」と言われ頑張って歩きます。寒いし雨が降っているし膝も少し痛くなってきてついつい先をいそいでしまいます。

飛竜落としの滝
P3231459_convert_20170408115004.jpg

石畳の遊歩道があらわれ観光客や軽装で歩いている人が多くなってきました。
P3231458_convert_20170408115114.jpg

13時50分 白谷雲水峡入口
バス停には こんな天気なのに案外人がいました。
P3231463_convert_20170408114812.jpg
14時15分の宮之浦港行のバスにのり 小原町のバス停で下りました。そこで屋久杉自然館行のバスを30分ほど待ちました。同じコースをついてきた方も同じバスに乗るようで雨で濡れたので寒かったけどその人と話しました。その方 縄文杉のところで少し迷ったようでどんどん下の方へ下りてしまったら谷の方へ下りてしまったようで少し迷ったと話していました。縄文杉のあたり 案内地図があったのですが 私もテントが張ってあったのであそこが縄文杉のを展望できるテラスかなと思い歩いて行ったのですがガスっていたり早朝でだれもいないとちょっとわかりにくいところもあるかもしれません。
愛媛の女性は大丈夫かな 歩き終えたかな・・・。頂上を目指していった人の方がもっと寒いし風に打たれているかも・・・。でもだいじょうぶでしょう。彼女なら・・・。膝の悪いと言っていた男性も大丈夫かな・・・ あれからは会っていないのでもしかしたら荒川登山口の方へ行ったのかなと思ったりしました。

バスに乗り換え今日 泊まる宿に行きました。「ecohotel SORA」に素泊まりで泊まりました。すぐ風呂に入りたかったのですが安房港のコインロッカーに着替えや靴を入れてあるのでそれを取りに行きました。宿の近くのレンタカー屋さんで車を借りそれで行けたのでよかったです。(翌朝の7時~8時頃に車を借りたいと言ったら 開店が9時なので前日 夕方から貸していただけて私はありがたかったです。) 

今回は全て素泊まり。 宿の前のスーパーで「油淋鶏丼」とビールを買い夕食としました。宿に洗濯機 乾燥機がありよかったです。
他濡れたものも室内の暖房をいれて乾燥させれてよかったです。
P3231464_convert_20170408114625.jpg

私が10年前にこのコースを歩いた時は 2日目の新高塚小屋から下りてくるときの方が天気が良かったのです。しかしあの当時も森林鉄道を歩いていて長いなとおもったし白谷山荘に着いた時は ホッとしました。久しぶりにその時の写真を見ていたら 黒見岳からみる花之江河や宮之浦岳方面、 岩が表出する山肌の展望などもいいなぁと思いました。この時は途中からガスってしまって少し見れただけでしたが・・・。山頂付近の写真は本当にほとんどバックがガスで白くって今回は満足です。
スポンサーサイト
by つくだにちゃん  at 17:54 |  山登り(九州) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

レポ作成お疲れさまでした

最終日は雨でしたか。屋久杉にウイルソン株、ジメーっとした白谷山荘に泊まった事も懐かしい。今度は愛子岳にモッチョム岳、滝巡りで訪問したいです。

登山記録の件ですが、自分で書いた記事をみて全く面白くないので、どんどん書く気が無くなってきます。でも記録を作っておくと、後で自分が取った行動や思い出が一瞬で思い出せるので作っておいた方がよいのですよね。と言うことで去年の黒部源流縦走の1日目を作ってみました。
by fuka 2017/04/11 14:06  URL [ 編集 ]

Re: fukaさん

fukaさん

愛子岳 モッチョム岳いいですよね。私もまた機会があったら
今度はそちらを登ってみたいです。

私もとりとめもない登山記録なんですが ちょっと読んでみると思い出、
記憶がよみがえってきます。登山記録だけでなくバッチを見ていても
そうなんです。なので私も すこし記録にとどめておくのは自分のために
しておきたいです。
さっそく読ませていただきました。
急ぎません せかしませんので 次楽しみにしています。
by つくだに 2017/04/12 06:51  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。