FC2ブログ

H30.7.14 餓鬼岳~燕岳  (2日目・3日目)

7月15日

明日は白沢登山口へ下りると決めたのにどうしようかなと考えが決まらずなかなか寝付けませんでした。3時過ぎには隣に寝ていた女性はテント泊の男性の所に行ったようでいませんでした。私もどういったわけか急遽 燕岳へ行こうと思い4時に起きました。

4時30分 小屋出発
小屋前で出発準備をしていたら昨日 水場で話した単独のテント泊女性に会い 「私も燕岳へ行きます」と伝えます。ペースは違えどまた燕山荘で・・・といい彼女は先に出発しました。

DSC06227_convert_20180729192108.jpg
餓鬼岳を見上げます。頂上に何人か人がみえます。私も頂上で日の出を見ていたかもしれない、けど燕岳に向かって歩きます。
DSC06231_convert_20180729193250.jpg

前を歩くお2人はテント泊の男性と昨日隣に寝ていた女性です。 
DSC06233_convert_20180729193611.jpg

いくつかの梯子があります。
DSC06241_convert_20180729194040.jpg

剣ズリは右に巻いていきます。
DSC06243_convert_20180729194319.jpg

シャクナゲ
DSC06240_convert_20180804174953.jpg

中央に唐沢岳 後方に立山 釼岳がみえます。
DSC06250_convert_20180804180003.jpg

高瀬ダムがみえます。
DSC06257_convert_20180804180811.jpg

DSC06258_convert_20180804190032.jpg

どんな順番でどのような道が現れたのか忘れたけど 要所に梯子がかかっていてそこを通ったり 樹林帯の中を通り本当にこの道であっているの?と不安になるほど下ったり岩場の道をマーキングをたどり通ったりしました。

中央に富士山 右側に南アルプス
DSC06270_convert_20180804195053.jpg

8時10分 東沢岳
すでに単独テント女性 昨日私の隣に寝ていた女性とテント泊男性の2人組も到着していました。私が1番最後に到着
餓鬼岳方面からこちらに来る人はいないのかなぁ。私を追い越していく人はいませんでした。
ここを登ると東沢岳です。しかし頂上には標識などはありません。単独テント泊女性は これから待っている400m~500mの登りに体力を残さないとといい東沢岳には登りませんでしたが男女の2人組は登って下りてきました。私も体力は残したかったけどゆっくりいこうと思い登ってきました。登るといっても5分もかからないかも・・・。
1人男性がいてその方も燕岳方面に行くとのことで餓鬼小屋からきた人のようでした。
DSC06276_convert_20180730222353.jpg

あちらに進むと東餓鬼岳
DSC06277_convert_20180730222836.jpg

燕岳の稜線 いったん東沢乗越までおり稜線まで500mほど登ります。
DSC06278_convert_20180730223149.jpg

餓鬼岳から歩いてきた稜線 
暑いけど天気が良くてよかった。
DSC06280_convert_20180730223632.jpg

東沢乗り越しまで下ります。

DSC06283_convert_20180803201154.jpg
ニッコウキスゲ
DSC06284_convert_20180803201247.jpg

9時 東沢乗越
ここから400m~500m登ります。樹林帯で日光が遮られ高度を稼いでいきます。思ったより歩きやすいです。
DSC06285_convert_20180803192246.jpg

歩いていると水が流れていました。これは雪渓が溶けた水だと思いコップ3杯ほど一気に飲みます。冷たくておいしいです。
登っていくと雪渓がありました。花もたくさん咲いていました。稜線までもうすぐです。

DSC06294_convert_20180803204948.jpg

DSC06297_convert_20180803210500.jpg

ここから稜線歩きです。
DSC06308_convert_20180803205658.jpg

DSC06309_convert_20180803205958.jpg

DSC06305_convert_20180803210859.jpg

画像では醜いですが一面にコマクサが咲いています。
裏銀座の稜線 目印のように一目でわかる槍ヶ岳 稜線歩きは心地いいです。燕岳までこの気持ちいい稜線歩きが続くものだと思っていました。
DSC06318_convert_20180803220746.jpg

途中 下ってまた登り返すところがあり予想外で道を間違っているのかとも思いましたがここらあたりが花が多かったです。再び稜線上にでると北燕岳です。
DSC06328_convert_20180803224302.jpg

12時50分 北燕岳
岩を少し登ると北燕岳 しかし山頂にしるしはありません。しかし山頂からの展望はいいです。
山頂から下りてつばめたけに向かう途中振り返りの写真
DSC06342_convert_20180803225406.jpg

コマクサ
DSC06341_convert_20180803225937.jpg

燕岳がみえます。燕岳にはたくさん人がいるのがみえます。やっと燕岳についたー!という感じです。

13時26分 燕岳
燕岳から燕山荘まで足が進まなかったです。あともう少しだから休んだらよかったのですが人が多くて・・・。燕山荘から燕岳を目指してくる人は元気です。

DSC06346_convert_20180803230854.jpg


14時 燕山荘
3連休だし人気のある山だけあって人も多いです。
今日は布団1つに2人といった具合です。ここは寝袋なので私は毛布を貸してもらいもう1人の方に寝袋を使ってもらいました。
単独ののテント泊女性も男女2人組もすでについていました。

テント場
DSC06353_convert_20180803231636.jpg

今日歩いてきた稜線を目でなぞります。餓鬼岳から東沢乗り越しあたりまでみえます。
DSC06365_convert_20180803233317.jpg

小屋の食事もおいしかったです。食事後にはスライドをみてホルンも聴かせてもらいました。

槍ヶ岳
DSC06369_convert_20180803234049.jpg

7月16日
今日の日の出は4時30分ごろ
しかし日の出が出る稜線上に雲がわいているためなかなか太陽が出てきません。4時40分頃 小屋を出発
中房登山口に向かいおります

燕山荘を見上げる
DSC06394_convert_20180803235451.jpg

7時50分 中房登山口
中房温泉は8時に開き汗を流したかったけど 着替えも車においてきたので入らず、8時30分のバスに乗りました。

穂高駅
以前 利用したことがありますがきれいな駅になってます。9時52分の列車に乗ります
DSC06401_convert_20180803185906.jpg

20分ほど列車に乗ります。 信濃常盤駅で降りると予約してあったタクシーが待っていてくれました。白沢登山口へ 2480円でした。
アルプスというか遠出の山行は本当に久しぶりで 行けるかなぁと心配でした。足もつったりばてました。最近 少し運動をしているのですが5月に竜ヶ岳に登ってから山には行ってなくて普段の山登りって大切だなっと思いました。しかしスロウペースですが歩けました。ちょっと自信になりました。まだまだ行きたい山があるのでまた行きたいと思います。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 20:06 |  山登り(北アルプス) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

お疲れさまでした✨

久しぶりの山行、お疲れさまでした。
稜線からの景色や高山植物を見ると
山はいいなぁと思いますね。
と言う私は、つくだにさんより山から遠ざかっています。
特に理由はないのですが、前みたいに
絶対登りたい!って意欲がわかないのです。
by じんじん 2018/08/06 18:47  URL [ 編集 ]

Re: じんじんさん

じんじんさん おひさしぶりです。

久々の山で大丈夫かなと不安もありましたが天気も良くて
稜線から山々を眺めてきてよかったなぁと思いました。

山は自分が登りたいと思った時に登ればいいと思いますよ。
強制するものでもないしされるものでもありません。
登りたいと思った時に登って 山はいいなぁという思いに
なるんだと思いますよ。山は逃げませんしね。
by つくだに 2018/08/07 23:55  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター