FC2ブログ

H20.7.6 大峰奥駈道 ② (八経ヶ岳~釈迦ヶ岳)

7月は、信州方面にいくぞ!っと思っていましたがなかなか天気と休みが合わない。信州方面も行きたいけど休みが1日しかないので何かもったいないような気がして今回も大峰奥駈道を歩いてきました。前回歩いた道をつなげていきます。 前日 20時に家を出ました。途中 日焼け止めを忘れたことに気づきます。しかし この先 コンビにはないのでいったん 吉野方面に車を走らせ日焼け止めクリームを買い又戻ることにしました。40分くらい時間のロスです。しかし日焼け止めは塗っておかないと・・・。決して色白ではないしもうすでにシミができていますがこれ以上 ひどくならないように・・・。予防は、大切です。川上道の駅に車をとめここで仮眠します。6日 3時30分起床 行者還トンネル西口に向かいます。
5時5分 登山口出発 駐車スペースには、すでに何台か車がとめられています。今の時期 オオヤマレンゲが身頃です。
RIMG0241_convert_20080709114636.jpg

出合までの登り まだ早朝で涼しいですが ぽたぽたと汗が落ちてきます。空を見上げると天気はよさそうです。
5時55分 奥駈道出合 出合に近づくにつれて心地よい風がふいています。出合からの道はしばらく平坦な道が続きます。カメラをonのボタンを押してみますが電源が入ったり入らなかったり・・・。今日は、デジカメと携帯電話のカメラの両方使いとることにします。
6時30分 弁天の森 
あちらに見えるは、弥仙~八経ヶ岳と思います。
 RIMG0249_convert_20080709115751.jpg

昨年 同じ時期にここを歩いた時は、バイケイソウがたくさん咲いていましたが今年はちらほら咲いているのみです。
RIMG0255_convert_20080709120239.jpg

階段は続くよ どーこまでもー!
RIMG0256_convert_20080709120524.jpg

そろそろ弥仙小屋かな・・・と思うけどもう少し登らないといけません。昨年 ここにきたので学習できています。あちらに見えるは 大普賢岳です。
RIMG0262_convert_20080709121113.jpg

7時55分 弥仙小屋に到着 この近くにあるテント場 いいです。展望もいいし下に草が生えていてふさふさしています。ここで おにぎりを1個食べすぐさま出発です。
RIMG0263_convert_20080709121408.jpg

あちらに見えるは 八経ヶ岳
RIMG0265_convert_20080709121836.jpg

オオヤマレンゲです。まだ時間が早いので花びらが開いていないのが多かったです。
RIMG0268_convert_20080709122111.jpg

8時50分 八経ヶ岳 3回目にして頂上より景色がみることができました。前鬼に夕方 5時にタクシーを予約しました。朝 出発が少し遅れたので前鬼到着が予定時間より遅くなりそうです。ここからは 初めての道 皆さん 八経ヶ岳で休憩されていますがこの先には行かれないようです。気を引き締め歩きます。1人 私が向かう道より登られてきた男の方がみえました。以後 たぶん その方の足跡をみることでなんか安心して歩くことができたのでした。ここから弥仙辻まで少しくだりです。
9時 弥仙辻
いまから目指す 釈迦ヶ岳方面 少し雲がかかってきています。
RIMG0280_convert_20080709125841.jpg

RIMG0283_convert_20080709130229.jpg

10時40分 舟ノ垰
080706_1043~0002

080706_1046~0001

11時15分 楊子ノ森
080706_1116~0002

11時25分 楊子ノ宿小屋 
080706_1123~0002

12時50分 鳥の水
080706_1250~0001

 あともう一息 釈迦ヶ岳まであと一息です。
RIMG0305_convert_20080709123855.jpg

14時30分 やっと見覚えのある釈迦ヶ岳に到着 この頃には空には黒い雲が覆われてきました。
RIMG0310_convert_20080709160519.jpg

14時40分 前鬼に向かい歩きます。歩き出すとすぐにガスがでてきました。四方八方見渡せません。前の道をしっかり確認して歩きます。深山小屋も本当に近づいてからしかわかりませんでした。このあたりアケボノツツジを今年は2回もみにきたので不安なく前を確認しながら歩きます。太古の辻に近づくにつれて雷もなってきました。タクシー会社に少し遅れる旨を電話したかったのですが携帯電話 3本アンテナが立っているのに通じず。しようがないのでそのまま歩きます。太古の辻を下りた頃より雨が降ってきて木が生い茂っているためかあたりも暗くなってきました。登山口に近くなってくると林の中のテープを目印に歩くので少し不安になりました。やはり日の長い夏でも山の中は街中より早く暗くなるので早い時間の下山は大事なことだと思いました。前鬼に着いたのが5時 そこから30分ほど歩き車止めゲートに着きました。タクシーの方は30分 遅れたのにもかかわらず愛想よく迎えてくださいました。八経ヶ岳より前鬼まで 会った方3組 約12時間1人で歩き少し人恋しくなりました。タクシーを降り靴を脱ぐを 1匹いましたよ。ナメクジのようなヒルが・・・。1箇所さされていました。去年は会わなかった気がするので2年ぶりのヒルとの出会いでした。大峰奥賭道 この続きは来年かな。



スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 15:34 |  山登り(大峰) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター