FC2ブログ

H20.7.30~8.2 裏銀座縦走 ①7.30 烏帽子岳~野口五郎小屋

行きたい山は数々ありますが まず今 行きたい所 それは裏銀座の山々を歩くことでした。昨年 燕岳から槍ヶ岳まで歩きました。今年は裏銀座縦走してきました。
私の山行スタイルは、車使用がほとんどですが今回 高瀬ダムから新穂高まで歩きたかったので信濃大町より車で行き、高瀬ダムまでは大町アルプスタクシーを利用 新穂高より松本までバス 松本から信濃大町よりJRを利用しました。昨年の燕岳から槍ヶ岳までの山行の時も タクシー バス 電車 JRを利用しましたが1年ぶりの山行スタイルで少し緊張しました。
RIMG0001_convert_20080803104048.jpg
20分もかからず高瀬ダムへ タクシーから降りたとたん肌寒く感じました。ここからは相乗りの女性と別れそれぞれのペースで歩くことにしました。2人とも今日の宿泊は、野口五郎小屋なのでまた話しできることを楽しみに歩くこととします。
RIMG0003_convert_20080803104443.jpg
5時50分 まずトンネルに入ります。白い川砂の上を歩きつり橋を渡ります。テント指定場を通り過ぎアルミの階段を登り6時15分 登山口に到着
RIMG0014_convert_20080803110013.jpg
このブナ立尾根は、登り始めより12の数字が書かれている。私は、3の倍数ごとに休憩をとることにしました。登り始めはスチールの階段が何箇所かあったりしたが大股で登るようなところがなく木々が日を遮ってくれて体力を消耗しなくていいのが助かります。この登りが標高を稼いでくれる・・・と思うとがんばらなくてはと思います。
7時40分 番号7
RIMG0026_convert_20080803111458.jpg
木々の隙間から見ええる崩落した山壁 また見上げていた稜線がだんだん目の高さになって高度が上がってきたなっと自覚できます。休憩の時に食べるみかんがおいしい。タヌキ岩を過ぎ烏帽子岳かニセ烏帽子岳(たぶんニセ烏帽子岳)なのか頂上が見え始めます。針の木岳から蓮華岳も見え上の方の木々も少なくなり森林限界 もうすぐ頂上なのかなと思いきやなかなか小屋に着着ません。私の場合番号3からが少ししんどかったです。
RIMG0036_convert_20080803171439.jpg
10時40分 烏帽子小屋に到着 小屋の前から見る水晶岳から赤牛岳に感動!これからまだ続く野口五郎岳への稜線も見渡せます。
RIMG0048_convert_20080803173731.jpg
野口五郎への登り あれを歩くのかと思うと少し疲れが出ます。
RIMG0052_convert_20080803175751.jpg

烏帽子岳に行くかどうか迷います。 烏帽子岳は以前 ゴールデンウィークの時に登ったことがあり、あの時は、まだ山経験もそれほどありませんでしたが師匠達に誘っていただき行きたい好奇心で参加してしまいました。アイゼンも6本爪 ピッケルも持っておらずストックを持って・・・。登りはじめて参加したことにまだ自分には早い山行だった・・・と思ったのでした。(ーー;) その時 天候が荒れて野口五郎非難小屋で1日停滞することになり私は、下山できるのだろうかと不安になりましたがどーんと構える師匠達をりっぱに思ったものでした。季節が変われば景色も変わる!ってことで取り合えず行くことにします。
ニセ烏帽子まで少し登りその後下ります。コマクサも咲いていますが最盛期は少し過ぎているようです。烏帽子と船窪岳方面の分岐を通過し11時45分 頂上到着
RIMG0054_convert_20080803175006.jpg
12時25分頃 烏帽子小屋に戻り昼食をとります。目の前にある あの稜線を登っていくのかと思うとなかなか出発する気にはなれませんが12時55分 小屋を出発します。水晶岳から赤牛岳の方面もガスに覆われこれから歩く稜線もガスがあがってきました。
テント場を過ぎ 少しづつゆっくり歩きます。あちらこちらにコマクサが咲いています。
RIMG0073_convert_20080803181156.jpg
少しづつ登るにつれて隠れていた烏帽子岳が見えてきます。日が少し陰り稜線で風が吹いているためか暑さは感じません。
RIMG0075_convert_20080803183545.jpg
14時25分 三つ岳到着
歩けども歩けども 小屋は見えず。時間が時間だけにあまり会う人も少なく私の歩くペースがゆっくりなのか距離間が離れていても追い越されていきます。
稜線コース お花畑コースの2つのコースがありました。私が迷って今夜食べるアルファ米に水を入れていると後ろより男の方が「もう登るのはいやだから下のお花畑コースにする」といい歩いていかれました。私も同感!お花畑コースにしました。
野口五郎って何処ですか?永遠と続く稜線 小屋の形も見えず 
RIMG0097_convert_20080803190354.jpg
私にとってのニセ野口五郎岳があらわれそれをくだって行くと小屋が見えました。
16時50分 野口五郎小屋到着 
RIMG0105_convert_20080803184512.jpg
やっと着着ました。早速 手続きを済ませビールを購入 雪でビールが冷やしてあってとてもおいしい。小屋には、ツアーの人が宿泊されているようで満員。今回の山行は、素泊まりです。夕食は自炊をします。本日は、自炊は、私 1人だけのようです。といっても温めてかけるだけのレトルトです。このあと 相乗りした女性と再会 同じ部屋でした。烏帽子岳にはよらず14時頃 この小屋に着いたそうですが高山病で小屋に着いたとたんずっと寝ていて女性2人組に方に介抱してもらっていたそうです。私と会った時は、「話ができるほどになったわ」と回復されていました。その後 その2人組みの方も交えて話が弾みました。







スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 10:24 |  山登り(北アルプス) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

僕も検討していました

毎日暑い日が続きますね
今週、来週と用事があって山にはいけません 僕もこのルートを歩きたいと思っていました
ただ、野口五郎のテン場が使えないと聞きどうしようかと悩んでいます。 これからのレポ参考にさせてもらいます
by じんじん 2008/08/03 15:21  URL [ 編集 ]

Re  僕も検討していました

じんじんさんに見てもらった記事は、まだ途中でしたが私のミスでUPされていました。急いで書いてみました。 野口五郎のテント場が使えないので烏帽子小屋のテン場を利用したりそれか野口五郎小屋を利用したりするそうですが烏帽子小屋のテント場だとこれからの行程上もう少しあるいておきたいなっと誰しも思うようですね。これからがんばってレポート書きます。
by つくだに 2008/08/03 19:32  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター