FC2ブログ

H20.9.2~4 聖岳・光岳縦走 3日目

4時20分 茶臼小屋出発
まだ薄暗いです。空を見上げると星が出ていて上空には雲はないが稜線上に雲があり日の出も望めるのか そんな天気です雨が降っていないだけでもありがたいです。茶臼岳に向かい歩きます。
5時20分 茶臼岳到着
RIMG0122_convert_20080908072643.jpg
富士山頂上にも雲がかかっており日が出るあたりの稜線あたりは周囲に雲がどっしりかかっています。
RIMG0115_convert_20080908073202.jpg
上河内岳に雲が覆いかぶさっています。
RIMG0125_convert_20080908073428.jpg
ここから一旦下ります。下ると木道あり 平坦な道が続きます。前に見えるは、茶臼岳です。ここからの道 奥駆道に似ています。
中央アルプス 御嶽がうっすら見えます。山と山の間に聖岳が見えましたが雲に隠れまったく見えません。富士山もいつの間にか雲の中です。
RIMG0133_convert_20080908075009.jpg
6時10分 喜望峰標識も地味で周りの展望ありません。ここから仁田岳へピストンできます。昨日 茶臼岳に泊まられた光小屋から茶臼小屋に歩いてみえた男性が 「喜望峰の登りがえらかったな やっと着いたと思ったら何の展望もなかった。仁田岳からの景色 よかった 聖岳も見えたよ」と話してみえました。今日は、ガスガスなので仁田岳にはよりません。喜望峰からはぐっと下ります。これを登るのはえらいだろうなっと思いました。
易老岳 これまた標識も地味で周りの展望ありません。
7時40分 易老岳・光岳分岐
ここまで誰にも会いませんでした。少し食べサブザックにて光岳に向けて歩きます。初め なだらかな下りです。今日 初めて会う光小屋から歩いてみえた4~5人のグループの方と会いました。重いリュックを背負っている為か 汗がひかっています。シラビソの樹林帯より視界が開けるもこれから行く 光岳上空には厚い雲で覆われています。
地図で書かれている三吉平の記憶fがはっきりないですが易老渡の分岐より1時間ほど歩くと涸れ沢添いに登っていきます。今まで歩いてきた道と違い 急登です。
9時40分 静高平
RIMG0179_convert_20080909085733.jpg
そのあたりに2日所の水場があります。どちらもよく水が出ています。「小屋に向かわれる方はここで水を補給してください」とかかれています。
少し歩くと木道です。イザルヶ岳への分岐をとおり光小屋が見えるはずですがガスでまるっきり見えません。
RIMG0189_convert_20080909090313.jpg
9時45分 イザルヶ岳の分岐 このガスの中 展望は絶対望めませんがイザルヶ岳に向かいます。
イザルヶ岳に向かう道です。
RIMG0186_convert_20080909091431.jpg
10分もかからずイザルヶ岳頂上へ 標識 ケルンのみがある平らな広場って感じです。
RIMG0184_convert_20080909091131.jpg
10時15分 光小屋
RIMG0194_convert_20080909091857.jpg
10時30分 光岳頂上
RIMG0197_convert_20080909092314.jpg
光岩まで 7分 どんどん下っていきます。
RIMG0200_convert_20080909092645.jpg
この岩は、上まで登れます。ガスがかかっていなかったら眺めはいいです。
光小屋へ戻ります。
バッチを購入し中で休憩させていただきます。きれいな素敵な小屋です。この山行で利用させていただいた小屋 いずれも小さいけどきれい 小屋の方も気さくな方ばかりでした。この釜で炊いたご飯 食べたかったです。
RIMG0204_convert_20080909093242.jpg
RIMG0205_convert_20080909093515.jpg
11時30分 小屋出発
この山行で初日 西沢渡の籠でお世話になったガイドの方と女性2人のグループと木道で会いました。その方たちは、今日は、光小屋で泊まられますが私は下山するので茶臼小屋で「私は、早く発ちます」と話したのですがたいした差はなかったようです。
13時30分 易老渡分岐到着 休憩し易老渡に向け出発 この下り急です。木の根にここの石 そして急なので長時間歩いてきたのでゆっくり 降ります。
17時10分 易老渡に到着
RIMG0221_convert_20080909095703.jpg
聖岳から光岳に向け易老渡に下るコース 光岳から聖岳に向け便ヶ島へ下るコースがありますがこの易老渡からの登り すごい急登です。易老渡から登り それから光小屋まで歩かないといけません。そしてこの登りずっと登りです。胸突き八丁がずっと続いているような感じです。易老渡からのコースを登って見える人 すごいなぁと思いました。
南アルプス南部 無事に歩くことができました。すごく満足です。またきたい。もっと歩きたい。そんな気持ちになりました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 08:01 |  山登り(南アルプス) |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

うらやましいなぁ

甲斐駒に続き、聖・光の縦走
精力的に登っていますね
僕は週末の天気が悪く自宅待機
もう2週間以上山に行ってないです
今日なんか最高の秋晴れ、青空を眺め仕事休んで山に行きたい~と考えながら会社に向かって歩いていました
今週末は天気になりますように!!
by じんじん 2008/09/09 12:53  URL [ 編集 ]

Re うらやましいなぁ

じんじんさん 行ってきました。私も 思っていたんですよ。今日 山の稜線をあるいていたいと・・・。8月後半は、本当に天候が落ち着かなかったですね。週末は、どこかお出かけですか?またレポート楽しみにしています。私は、以後(9月)は、連休がなく単休です。連休がほしいです。
by つくだに 2008/09/09 20:42  URL [ 編集 ]

ふむふむ、なるほど

アルプス依存症、かなりの重症とみました。
このコースは昨年、計画して2度ほど悪天候で流れてしまいました。
私も9月のこの時期は静かになった南アルプスが好きですが、今年は夏の後半の予定が順延続きで、9月までのびてしまいました。
紅葉の時期はワンチャンスですね。
10月中旬は白山ブルーベリー山行を予定しています。
>連休がなく単休
そんなの関係ねー!
日帰りできるアルプスはたくさんあるので、心配ご無用!
そういう私も10月は第1週が連休になるだけです。
秋の鈴鹿幕営は11月1,2あるいは2,3の予定です。
今週末は、笠か穂高の予定です。
また少し天気が怪しいです。
それに台風も発生。
今年はほんとに運が悪いのーー!

by 隊長 2008/09/09 21:36  URL [ 編集 ]

Re ふむふむ、なるほど

私は、この山行は、火~木曜日だったので宿泊者は少なかったですよ。休みの日は団体さん等予約が入っているそうですけどね。でも静かな山行が楽しめると思いますよ。
日帰りできるアルプスはたくさんありますよね。天気がいい事を願います。秋の鈴鹿幕営 師匠方に話します。
by つくだに 2008/09/10 19:23  URL [ 編集 ]

No title

秋の鈴鹿テント、つくだにさん是非参加してください、師匠たちも一緒に
今年は賑やかに行きましょう
今週末は2日しか使えないので
僕は笠に行こうかなぁ・・・
by じんじん 2008/09/11 00:49  URL [ 編集 ]

Re  じんじんさん

鈴鹿のテント泊 今 師匠方に日にちの都合をきいています。行けるといいです。週末 うらやましい。 先週は 山を楽しんできたのでこの3連休 仕事です。
by つくだに 2008/09/12 13:00  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター