FC2ブログ

H20.9.2~4 聖岳~光岳 おまけ編

9月2日に易老渡の駐車場で車をとめ 助手席側に座りながら靴を履いていました。ふと下を見ると
車の下からコバルトグリーンの液が流れてきます。びっくりして車の下をのぞくと中央部よりポタポタと液が流れています。5分ほどして再び のぞいてみたらポタポタは、とまっていました。私 車の運転歴は長いですが車について本当に知識はないんです。どうしたものか?駐車場に来るまでの道も石がごろごろ落ちていて私の車は車高が低いので多少なりとも擦ってはいましたが・・・。ここは、携帯電話も通じないし 回りにも誰もいず 聖光小屋で電話を借りようと思いましたが 8時前だというのに玄関のケーテンは閉められひっそりとしています。 このまま 山に登っていってもいいものだろうか等と考えていましたが結局 山に出かけることにしました。、その後 聖平小屋の自炊場でみんなで話しをしていたらついつい私もなれて話がしやすかったので車のことを話したら西沢渡で籠を引っ張っていただいたガイドさんが 自分の義妹さんが私と同じ車に乗って見えて対処法をあれこれ考えてくれました。なんともなければいいのですがもしも・・・のことを考えていろいろアドバイスをいただきました。ガイドさんは地元の方なのでこちら方面に 自動車整備工があるよとか もしも最悪の場合 義父が整備士なので連絡してみては・・・とか名刺をいただきました。その方のグループとは光岳までコースが同じで私が光小屋から易老渡の分岐に戻る時 ちょうど本日 彼らの宿泊地である光小屋へ向かう途中で 前もって もしもの場合 携帯の通じるところまで車でのせて行っていただけるよう同じように易老渡に下山される御夫婦に頼んでくださったとの事。何から何までお世話をかけました。その 御夫婦も一応 私の車は動いたのですがもしものことがあっては・・・と 152号線に出るまでその車の後ろを走らせていただきました。山の親切 本当に身にしみます。結局 ラジェーターの液が急坂で上から漏れたのが原因で車自体 損傷はありませんでした。私がポツリ 車の事を話したばっかりにガイドさん 心配していただき本当に申し訳なかったです。もっと自分の車に対し最低限の知識を持っていないといけないなと反省しました。私が下山し 車にもどってきた時 私の車の隣にとまっていたRV車のタイヤがパンクしていました。 
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 13:25 |  山登り(南アルプス) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

林道を奥深くまで入るときは、いろいろと心配事がありますね。私も檜塚へ行った帰りに石でタイヤがパンクしました。RVでも調子に乗ってとばしていると駄目ですね。
特にこの林道は距離が長いので、アクシデントの起こる確率も高くなりますね。
落石等はどうでしたか?

by 隊長 2008/09/10 21:48  URL [ 編集 ]

Re 隊長さん

落石もありましたよ。私の車は小さいのでどちらか側に寄ったりしながらよけましたが 慎重な方は車を降りて石をどかしたよと話していました。慎重に越したことはないですね。
by つくだに 2008/09/12 12:49  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター