FC2ブログ

H20.10.5~7 下の廊下~阿曽原温泉~仙人池~黒部ダム 1日目

黒部ダム~下の廊下~阿曽原温泉~仙人池~黒部ダムのぐるりっぷ山行に行ってきました。I師匠は、写真好きで以前より仙人池で写真が撮りたかったみたいです。私も以前より このコース 歩いてみたいと思っていました。私のまわりの師匠方は、1度は、このコース歩いています。しかし 天候が悪いと何にもないというので一度歩いたらいいという人もいます。私も1人歩くのは、不安なのでなかなか歩くチャンスがなかったのですがこのコース数回歩いたことのあるS師匠・K師匠が 歩いてくれることになり 今回4人で山行となりました。
この山行期間は、決して天候はよいとはいえない予報でした。5日の夕方から天候が崩れ6日は、ほとんどの地域で雨予報でした。早朝の扇沢の空 青空が見えます。I師匠は、ひょっとして天気はいいかも・・・っと思ったようで2台の重い一眼レフカメラ・レンズ・三脚を用意しリュックにつめています。私は、以前 扇沢より剣岳に登った時 扇沢で天気はよかったもののやはり天気予報どおり室堂に着いた時は、土砂降りでした。私は、天気はそんな甘いものではないと思いながら準備をしました。
7時30分 始発のトロリーバスに乗りました。15分ほどトロリーバスに揺られ黒部ダムで降ります。
そこから観光客の方とは反対の登山者出口方面に歩きます。ダムの下方面に下ります。
8時10分 黒部ダムの放水 雨が降ってきたのかなと思ったら放水でした。
RIMG0002_convert_20081009134914.jpg
『下ノ廊下は、黒部ダム~仙人ダム間16㎞余りの区間で、大正末期に欅平から上流へ拓かれた「水平歩道」に続き、電源開発の調査目的のため、切り立った岩盤に無理やり切り拓かれた道です。
一般的な登山道とは全く異なり、登り下りは少ないが道程は長く(黒部ダム~阿曽原間は18㎞あまり)、危険箇所の多い峡谷沿いのルートです。通行できる期間も平年で一ヶ月あまりで、小屋泊・テント泊合わせて2千人前後の登山者が歩きます。』
内蔵助方面と下の廊下の分岐まで歩きます。しかしこんな標識が・・・。
RIMG0006_convert_20081009135532.jpg
本当ならこのロープの張ってある道を歩いていくのですがロープが貼ってあります。後からきた今日 同じコースを歩くグループにたずねると内蔵助方面を歩きほかに道があるんではないかとの事 私達も 内蔵助方面に向かい歩きます。しかし歩いても歩いても下の廊下方面の新しい道は、見つからず このままだと内蔵助谷を登っていってしまいそうです。前方を歩くグループの方が携帯で調べるとロープの張ってある道を行くそうです。またまたその分岐まで戻ります。1時間ほどの時間のロスとなりました。あとからわかったことですが 阿曽原温泉小屋のホームページにこの情報はかかれていました。
阿曽原温泉小屋独自で小屋の方が、調査・整備されホームページで情報公開されています。このコース 天候などから年により道の状況が異なり決して安全な道ではありませんので各自 阿曽原温泉小屋のホームページをご覧になることをお勧めします。
9時45分 分岐に戻り下の廊下に向けて出発です。最初は、登山道と川の高低さもなく川の流れる音が大きく聞こえます。この川は、富山に向けて流れています。私達もこれから流れていく方向に向かって歩くわけです。下ってはいませんがなんか変な感じです。
今回の山行は、小屋泊まりでリュックの重さも気になりませんが I師匠はカメラ器材の重さがあり16,7キロほどあるそうです。そのためか平行道ではありますがリュックの重さがこたえるようです。私は、頼りになりませんが I師匠のカメラ器材を S師匠 K師匠に分散して持つことにしました。
11時20分 新越の滝
RIMG0018_convert_20081009143821.jpg
所々 黄色い木々が見られますがまだ紅葉は早いようです。下の廊下の紅葉は遅いとききました。
このあたりから雪渓があらわれます。
RIMG0026_convert_20081009144538.jpg
雪渓が多いとこの梯子を登るようです。もう少し早い時期だと梯子の高さまで雪渓が残っているんですね。
RIMG0027_convert_20081009144846.jpg
RIMG0031_convert_20081009145704.jpg
12時10分 黒部別山谷 ここで阿曽原温泉小屋の方が雪渓を降りやすくするため階段を削ってみえました。あとでこの方に ステッキや三脚は右側につけたほうがいいですよと注意されます。
RIMG0034_convert_20081009150130.jpg
こんな道を通るとき 左側にステッキ・三脚をつけているとつかえます。徐々に高度が増し川幅も狭くなってきました。
RIMG0042_convert_20081009151415.jpg
RIMG0054_convert_20081009150931.jpg
12時40分 白竜峡 
13時45分 十字峡 休憩できる少し広い広場があります。川の水の青さ しぶきの白がきれいです。
RIMG0066_convert_20081009152214.jpg
水平歩道・渓谷を見ながらの登山道ですが時折 地元の渓谷を歩いているような錯覚に陥ることもあります。
14時35分 半月峡
RIMG0081_convert_20081009153158.jpg
黒4発電所
RIMG0083_convert_20081009153452.jpg
もう少しいくと急なくだりです。それを下りきると15時15分東谷吊橋を渡りました。林道を歩き15時35分 仙人ダム到着
RIMG0092_convert_20081009202210.jpg
ダムをわたりダムの中に入って行きます。迷路のようなダムの中を歩きます。
RIMG0100_convert_20081009203437.jpg
ダムにつくころ雨が降ってきました。ダムを出る前に合羽を着用。ここから登ります。今までが平らな道で少し答えますが登りきると平坦な道を歩き下ると17時前に阿曽原温泉に着きました。
RIMG0106_convert_20081009204608.jpg

17時から18時まで男性入浴時間 18時から19時まで女性入浴時間 このように交互に入浴時間が別れています。私がお風呂に行った18時にはあたりは真っ暗 温泉までの下りが雨も降っていてそろそろ歩きました。
RIMG0107_convert_20081009204246.jpg
やはり温泉に入ると足の疲れも和らぎます。夕食は、カレーライス この夜は、12畳に24人 寝ました。


スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 15:40 |  山登り(北アルプス) |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター