FC2ブログ

H20.10.5~7 下の廊下~阿曽原温泉~仙人池~黒部ダム 3日目

夜中 起きると空にはたくさん星が輝いていました。明日は、裏剣とまでは行かないまでも剣岳がみれるかなと思い再び寝ました。今日は、真砂沢ロッジから黒部ダムに戻ります。 6時50分 真砂沢ロッジ出発 昨日はお世話になりました。
RIMG0187_convert_20081012085916.jpg
真砂沢上流の紅葉です。
RIMG0191_convert_20081012090535.jpg
この木の橋を渡りました。ここから登りになります。
RIMG0193_convert_20081012091014.jpg
40分ほど登るとガレ場ですが剣岳が現れここで休憩・写真撮影となります。
八つ峰 久々の青空です。
RIMG0196_convert_20081012091313.jpg
中央部剣岳です。
RIMG0197_convert_20081012091902.jpg
カメラの調子がおかしいです。だんだんくもってきます。昨日 雨の中 写真を撮っていてケースもぬれてそのままにしたたでしょう。中のレンズが曇っているようです。せっかくの展望なのに・・・。50分ほどカメラをケースに入れず外気温にさらすとレンズの曇くもりがとれました。昨日 自分の衣服のみ乾燥に目が入りカメラのケアを忘れていました。コンデジでもケアは大切ですね。
9時5分 ハシゴ谷乗越 ここから内蔵助を望むため展望台にあがります。展望台は、すぐそこです。
RIMG0208_convert_20081012093549.jpg
後ろに写っている山は立山のいずれかでしょうか。
RIMG0219_convert_20081012093859.jpg
白馬方面 ・裏銀座の山々が眺められ地図を見ながら確認します。
ここから内蔵助平へガレ場の下りです。
11時5分 内蔵助平 
ここからロープの箇所が何箇所かあります。
12時55分 内蔵助平・下の廊下の分岐 ここからダムまでもう一歩きです。
RIMG0236_convert_20081012100627.jpg
13時40分 ダムまで戻ってきました。みんな怪我もなくホッとした安堵感 天候が悪いなかたくさんの距離を歩いたよという満足感を感じながら少し休憩します。ここからひと登りです。14時30分 トロリーバス乗り場に戻ってきました。乗り場にはたくさんの観光客の方が見えましたがすぐにトロリーバスに乗れました。扇沢に戻ります。

最近は、単独山行が多かったのですが長時間歩き、雨の中の山行 一緒に歩く人がいてやはり心強かったです。やはり グループで行く山行もいいものだと思いました。

裏剣は、眺めることはできませんでしたが歩きとおしたという気持ちがいっぱいで満足です。2日目 天候が悪いなか歩いていた時は、裏剣がなんだ もうここは再び来ることはないだろうなという気持ちでしたが 今 こうやって振り返ってパソコンで裏剣の画像など見ているとやはり裏剣みたいなと思うようになりました。人によっては裏剣がなんだ・・と思われる方も見えると思いますが裏剣がみたいんやという方も見えると思います。私も 徐々に後方に気持ちがうつってきました。裏剣にかかわらずそこに行かなくては見えない風景ってありますよね。山に登らなければ見えない風景 それが見たくて私は、山が好きなんだなと思ったりしました。
スポンサーサイト



by つくだにちゃん  at 08:54 |  山登り(北アルプス) |  comment (5)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

日本を代表する山と渓谷

黒部は日本を代表する山と渓谷がありますね。どっぷりと渓谷を堪能でき、その充実感は予想以上だったことでしょう。
しかし今年の8月後半からの天候は、安定しなかったのが残念ですね。私も山行ごとに降られたという印象が残っています。
今週は白山へ行きました。これで5年連同時期の平瀬道となりました。やっといい紅葉に出会えかと思います。
今年は少し紅葉が進んでいるようなので、来週から鈴鹿に入ります。改訂のためのコースチェックを地道にしようと思います。11月の第1週は予定通り鈴鹿テント山行です。よろしければどうぞ。今のところ詳細は未定です。天気の都合もあるので。
by 隊長 2008/10/14 22:22  URL [ 編集 ]

No title

隊長さんも鏡平 白山 きれいな紅葉を堪能されていますね。鈴鹿テント泊ですが鈴鹿スカイラインが通行止めです。しかしいつも隊長さんたちは朝明より入ってみえますね。朝明からだと問題はないのでしょうか?
by つくだに 2008/10/15 19:33  URL [ 編集 ]

No title

つくだにさん、こんばんは。
朝明のアプローチは今のところ確認してません。もし朝明が駄目なら、湯の山を基点にコース設定をしたいと思います。
ばりばりと歩くことよりも、のんびりじっくりが目的です。
湯の山基点なら、中道上がって上水晶へ、あるいは、武平まで行ってから直接、七人山へいく手もあります。宿泊地は、佐目峠か、七人山を考えています。今年は紅葉がいいので、七人山のブナ林がいいかなと思っています。ロープウェイの利用もまったくためらいません。いいアイデアがあれば、奇想天外なコースもありです。
ただ今年は紅葉がいいようなので、愛知川、七人山、御在所は外したくないですね。いいアイデアはないですか?


by 隊長 2008/10/15 23:11  URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2009/02/16 00:08   [ 編集 ]

Re: Kさん

Kさん コメントありがとうございます。お返事が遅くなりました。自然から学ばせてもらっているところはたくさんあります。山を歩く事は、日常生活で腹が立つことが不思議と心を穏やかにさせてくれることもあります。といっても天候が悪い時は、心地がいいとは言っていられませんけど私にとっては、1つの修行です。この修行によって自分も成長できるといいです。
by つくだに 2009/02/24 08:30  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

つくだにちゃん

Author:つくだにちゃん
FC2ブログへようこそ!
重いザックは担げない弱力 歩くペースは遅い虚弱な自分ですが山登りは大好きです。これから登る山 今まで登った山など思ったこと 感じたことを綴っていきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター